おはようございます。林冬彦です。

■本日7月3日、20年ぶりに紙幣(日本銀行券)のデザインが変更されます。新札は本日以降、日本銀行から金融機関に支払われ、順次、窓口やATM等で入手できるようになります。

私が戸田市に引っ越してきてから今年で20年目になりますが、本日、20年ぶりに紙幣(日本銀行券)のデザインが変更されます。

新しい日本銀行券(新券)は、本日以降、日本銀行から金融機関に支払われ、準備が整った金融機関から、順次、金融機関の窓口やATM等において入手可能となります。

新しい一万円のデザインとして採用されたのは、埼玉県三大偉人の一人で、日本資本主義の父とも言われる渋沢栄一翁です。2021年に大河ドラマの主人公にもなりましたのでご存知の方も多いと思いますが、渋沢栄一翁が明治34年から昭和6年に亡くなるまで住まわれた渋沢邸は戸田市に隣接する東京都北区の飛鳥山にありました。

私は今、渋沢栄一翁が著した本をいつくも読んでおりますが、天から与えられた使命を信じ公のためにその生涯を費やした方であり、心より尊敬申し上げております。

これからは紙幣を通じ、渋沢栄一翁をより身近に感じていきたく思います。

次の紙幣デザイン変更は2044年になる予定であり、それまでの期間に私も渋沢栄一翁のように、公のために働き、次世代に大切なものを繋いで参ります。

◆新しい日本銀行券(日本銀行)
https://www.boj.or.jp/note_tfjgs/note/n_note/index.htm

IMG_5608


IMG_5609
IMG_5610
IMG_5611
IMG_5612
IMG_5613

本日が皆様にとって希望あふれる日になりますように。