おはようございます。林冬彦です。

昨日は戸田第一小学校の卒業式に来賓臨席いたしました。

昨日、会場で席についた児童たちの姿をみていると、みんなこんなに大きくなったんだと胸の奥から熱いものが込み上げてきて涙がにじんできました。

この子たちが入学して来た時も、私は来賓席で迎えました。コロナの時は小学校に立ち入る機会はなかったけれど、一年生の時の読み聞かせやコロナ前後で開催された運動会には必ず参観して声援をおくってきました。

その子どもたちが6年生になって卒業の日を迎えたのです。そのしっかりとした姿をみて胸に広がるのは嬉しくて嬉しくてたまらない気持ち。

児童代表の答辞も素敵でした。スポーツ大会の縄飛び競技の話が出ていましたが、その時も私は参観していて、あのクラスだ!と思い出しました。スポーツ大会では思うような結果が出せなかったけど、そのことでクラスが心一つになり、次の機会に優勝できたという話を答辞に聞き、涙ぐみました。


式典の途中で来賓紹介があり、名前を呼ばれた議員は立って一言挨拶することになりました。

私の前に挨拶した議員は口々に「おめでとうございます」と挨拶しましたが、私はもう皆を見ていて心に広がった気持ちをそのまま口にしてしまいました。

「大きくなってくれてありがとう」。

すると何人かの子どもたちがニコッと微笑んでくれました。気持ちが通じたようで嬉しかったです。


卒業されたみなさん、昨日のおじさんは皆からとても幸せな気持ちをいただきましたよ。

みんな、生まれてきてくれてありがとう。大きく育ってくれて本当にありがとう!


教職員の皆様、ありがとうございました。保護者の皆様、お子様のご卒業おめでとうございます。市議会議員として、引き続きお子様が健やかに育つ環境をつくり見守ってまいります。

IMG_2309