おはようございます。🍀🍀🍀

今日、1月17日(月曜日)の戸田市は晴れ時々曇り。最高気温は13時に8度の予報。お洗濯日和になる一方で寒さは厳しいです。温かくしてお過ごしください。

■ 本日は私の祖母も被災した阪神淡路大震災の発災日。28年前、神戸市に足を踏み入れた日の衝撃を忘れることはできません。その体験は戸田市の防災に力を入れる私の想いの原点です。

今年もこの日がやってまいりました。


28年前の今日、午前5時46分、阪神淡路大震災発災。


あの震災でお亡くなりになった方々に対し、心より哀悼申し上げます。


多くの方がお亡くなりになった大地震の教訓は後の減災につながり、その後の震災で多くの命が救われましたが、28年前、被災した神戸の街並みに足を踏み入れたときに身体が震えた記憶、今でも忘れることはできません。


だからこそ、災害対応力の高い街をつくらなければならないと心から思い、議員として重要視して取り組むべき柱のひとつに「防災・災害対応力のあるまちづくり」を掲げています。


議員になってからは、議会での一般質問で、毎年、戸田市の防災を採り上げ、防災や発災後の対応についての取り組みを進めております。


◆「震度7阪神淡路大震災の教訓」(NHK)


https://youtu.be/bs-dN6lrvSQ



28年前、神戸市東灘区で私の祖母は被災しました。


毎年、1月17日は、あの日、祖母の救出に向かった弟と当時を振り返り、防災に向けて取り組もうと思った原点を確かめるようにしています。


以下の映像は、当時、神戸市に勤めていた方が撮影したものです。神戸市の映像アーカイブとして公開されています。


FullSizeRender

https://youtu.be/Ej1UBweb0sg


28年経ち、神戸市では40%以上の方が、震災の記憶を持たない方になってしまったそうですが、神戸市では「阪神淡路大震災を知らない世代」を念頭に、震災を今に伝える取り組みを行っています。そのことを伝えているCBCテレビの特集番組をご覧ください。


https://youtu.be/7IUmmAeFBHg



今後30年の間に、発災する確率が70パーセントと言われる首都直下地震の被害発生予想エリアに戸田市も入っています。


これからも、阪神淡路大震災の教訓をもとに、戸田市の防災・災害対応についての取り組みを進めていきます。


本日が皆様にとって素敵な火曜日になりますように。