おはようございます。🌞🍁🌥

今日、11月9日(水曜日)の戸田市は晴時々曇り、13時に19度が最高気温の予報。昨日よりは少し冷えますが、穏やかな秋に包まれる日になりそうです。

■戸田市雨水貯留管建設工事について(その3)。令和5年度から「シールド工事」が始まり、笹目川山宮橋付近を目指し、地下を約930m掘り進みながら雨水貯留管を造っていきます。


昨日、一昨日に引き続き、戸田駅西口で始まった「戸田市雨水貯留管建設工事」について、説明します。

今回は、雨水貯留管築造に用いられる「シールド工法」についてです。

建設計画では、戸田駅西口付近から北大通りに沿って笹目川に掛かる山宮橋付近まで、地上から10m下がった地下に、約930mに渡り、直径6mの雨水貯留管を築造することになっています。

雨水貯留管を埋めるのでは無く、造るのです。

IMG_4922

そのため、地下を掘り進めながら雨水貯留管を造っていく「シールド工法」が採用されました。この工法は、地下鉄や地下トンネル工事等でも採用されているやり方です。

現在、戸田駅西口付近に造っている「立坑」から、同じく、現在製作している「シールドマシン」を降ろし、掘削をスタートさせます。

.掘璽襯疋泪轡鸛位未巴話罎魴〆
掘削面の後方では掘った部分に雨水貯留管内部を構成する「セグメント」と言われる壁を埋めこむ
ジャッキで掘削面を前に押しだす(掘削する)
ぅ献礇奪で掘削面を押し出すのと同時に、地盤とセグメントの間に「裏込め注入」を行い、雨水貯留管外壁を強化する

このようなことが行われます。

シールド工法については、わかりやすい映像がありますので、ご関心のある方はそちらもご覧ください。

◆シールド工法
https://www.youtube.com/watch?v=qBihbM14zwE



以下は、議会配布資料です。

IMG_4932


IMG_4931
IMG_4930
IMG_4929
IMG_4928

明日はこのシリーズの最終回。戸田市議会で先月行った雨水貯留施設(東京都)の視察報告をいたします。

本日が皆さまにとって素敵な水曜日になりますように。