おはようございます。

今日、11月17日(火曜日)の戸田市は晴れ。昨日ほど暖かではありませんが、日中は秋晴れで過ごしやすい日になりそうです。


さて、先週は月曜日から日曜日まで、上戸田地域交流センターあいパルを会場に「はばたけ女性起業家!笑顔と元気のまるまるウィーク」というイベントが開催されていました。

今日は、それに因んだお話を少しさせてください。


従来より、戸田市には若い世代が多く、それらの方々を対象に調査を行ったところ、「子育てしながら仕事がしたい」というニーズが多いという結果を得ました。

そこで、神保国男・前戸田市長の時より「子育てしながら働ける環境づくり」に戸田市は力を入れてきました。

今回の「はばたけ女性起業家!笑顔と元気のまるまるウィーク」という企画は、埼玉県の施策と連携する形で、女性起業家の夢を応援しようと開催されたものです。

埼玉県が主催する「女性向けビジネスプランコンテスト」に応募した3人の女性を応援する企画となり、先週、それがあいパルを会場に実施されました。


最終日の日曜日午後3時から行われた「こどもファッションショー」冒頭では、3人の女性たちの挨拶がありましたが、3人のうち2人は他所から戸田市に越してきた方(お一人は石川県金沢市から、もうお一方は熊本から)、1人は戸田市生まれ・育ちだけど、戸田市以外の人材ネットワークを持って活躍される方でした。


戸田市民のうち、全体の8割は他所から戸田市に越してきた人です。

戸田市とは違う文化の中で育ち、人生経験を積まれてきた、ネットワークを築かれてきた。このような方に住んでいただいていることが、戸田市の大きな特徴のひとつですし、潜在力だと思います。

一方、戸田市で生まれ、戸田市で育った方々には、地域に対する強い愛着や結び付きがあります。

戸田市の良いところは、排他的な「ムラ意識」がそれほど強くないところです。新しい方々を受け入れやすい雰囲気があります。

歴史的な流れをみても、文化が交わるところ、人と人が交流し、融合するところには、時代を変える新しい流れが生まれてきました。

私たちの戸田市が、より活気あふれるまちになる、そして楽しく、暮らしやすいまちになるための活動の主役は市民の方々。

それを後押しするのが自治体と政治家の役割になります。



ここまで、お読みくださいまして、ありがとうございました。

今日はこの投稿の後、戸田駅で駅立ち挨拶し、その後、午前10時から開催される戸田市議会議案事前説明会に臨みます。



今日も心明るく快活に! ☘️

そしてできれば周りの方に優しさのお裾分けを。


引き続き、医療従事者の方々やライフラインを守ってくださる方々に敬意と感謝の気持ちをお願いします。🥰

今日が皆様にとって素敵な火曜日になりますように。


お困りの時はご相談ください。
大丈夫。市議会議員が力になります。💪
道は必ず開けます!✨✨


本日もよろしくお願いいたします。😊😄😉


★これまでの「朝のご挨拶」一覧
http://blog.todakouen.jp/archives/cat_10036576.html

(写真は、私のベランダ園芸に咲く「菊」です。どこからか種が飛んできて芽吹きました)

IMG_3195