おはようございます。🍁🍁😊

今日、11月9日(月曜日)の戸田市は晴。青空に紅葉が映える秋晴れの日になりそうです。


さて、今日は「散歩に出よう!」というお話を少しさせてください。

昨日、戸田市レクリエーション大会が、戸田市スポーツセンターを会場に行われました。

ただ、新型コロナ感染防止の観点から、例年と違って、レクリエーションの実技を体験できるイベントでなく、講演会が開催されたのでした。


戸田市レクリエーション協会創立25周年記念講演「コロナ下のスポーツ・レクリエーション活動」。

講師は、独立行政法人日本スポーツ振興センターの今泉領先生でした。

今泉先生は、戸田市のお隣り東京都北区にある「国立スポーツ科学振興センター(JICC)」にて、オリンピックを目指すアスリート達の指導にあたられている方です。


新型コロナで活動の自粛が続いていた時期、「国立スポーツ科学振興センター(JICC)」も閉鎖となり、アスリート達へのサポートは主にビデオ会議システムを通じたもので行っていたという話がありました。

その後、施設も再開されたわけすが、アスリートたちの心身チェックを行った時に、2つの傾向がみられたそうです。


ひとつは、血液を調べてみると、ビタミンDが不足する傾向が見られたことが報告されました。

ビタミンDは、カルシウムのバランスを整え、骨の健康を保つのに働く栄養素です。ビタミンDは食事からとる方法と、外にでて紫外線を浴びることで生成される方法がありますが、自粛中は外出もあまりしなかったことから、紫外線を浴びる機会が減り、ビタミンDの生成が充分にされなかったのではないかということでした。


また、アスリート達は、オリンピックが延期になる中で、活動へのモチベーションを高めるのに苦心されていたようでしたが、その時に心が折れなかったのは、家族や友人、そしてサポートスタッフたちとの「コミュニケーション」があったからだったと回答されていたそうです。


新型コロナ感染防止を行いながらの生活がまだ当面続くと思われる中、「外出」と「コミュニケーション」が心身の健康には欠かせないということです。


基本的に密をさけ、「ソーシャルディスタンス」(人との距離)をとり、マスク着用と手洗い・消毒を欠かさない感染防止対策を行いながらの「外出」と「コミュニケーション」が、私たちには必要。


私はそのために「近隣への散歩」を、皆様に呼び掛けたいです。できれば、密にならない程度の人数の方と一緒の散歩を。


その呼び水になるように、皆様が外に出たくなる情報を発信していきます。

今思っていることもありますが、何かよいお知恵がありましたら、お教えください。



ここまで、お読みくださいまして、ありがとうございました。


今日も心明るく快活に! ☘️

そしてできれば周りの方に優しさのお裾分けを。


引き続き、医療従事者の方々やライフラインを守ってくださる方々に敬意と感謝の気持ちをお願いします。🥰

今日が皆様にとって素敵な月曜日になりますように。


お困りの時はご相談ください。
大丈夫。市議会議員が力になります。💪
道は必ず開けます!✨✨


本日もよろしくお願いいたします。😊😄😉


★これまでの「朝のご挨拶」一覧
http://blog.todakouen.jp/archives/cat_10036576.html

(写真は戸田第一小学校西門近くの生け垣下に咲くニチニチソウです。いつも子ども達の登下校を見守ってくれています)

IMG_2263