おはようございます。😳😉😊

今日、10月31日(土曜日)の戸田市は晴れ。秋晴れのお出かけ日和になりそうです。夜はブルームーン鑑賞をお楽しみください。


さて、今日は、先日ちょっと書いた「清掃活動」に関連するお話をさせてください。


議員になる前に、私はインターネットを使った広報活動の指導を行う仕事をしていました。その中では、講演仕事もあり、20年前に石川県からの依頼を受けたのをきっかけに、その後、全国からお呼びがかかるようになりました。


講演の仕事の時、私は依頼いただいた地域のことをいろいろと事前に調べます。

石川県津幡町商工会からお呼びが掛かったときは、津幡町が「ボートのまち」ということで、「ボートのまちの特徴は何だろう?」と思ったことをきっかけに、首都圏にある「ボートのまち」戸田市を歩くことになり、私にとってそれが東京から戸田市に移り住むきっかけのひとつになったことは、以前に書きました。


事前調査をしっかりやって、必ず前日に現地にはいり、前日は現地を歩いてさらに地域を感じた上で、翌日の講演仕事本番に臨むのが私の仕事のやり方でした。


今から15年ほど前、福井県のある経営者団体から出講の依頼があり、お伺いしたときのことです。いつものように前日に福井入りすることにしました。

そして、その福井入りした夜に、依頼くださった経営者団体の例会があると聞いたので、これは参加される方々のことを知るのに良い機会だと思い、参加したのです。


すると、驚きました。

その経営者団体の例会では、会員のひとり(社長さん)が、自分の会社の経営について発表していたのですが、他の会員がまるでその会社のスタッフのように、社長さんに対して意見を言うのです。

「それで従業員が幸せになれるのか」とか「従業員のために社長のあなたはこれからどうするのか」といったように、厳しい言い方ではあるものの、その会社のことを親身に思っての社長さんに対する意見が次から次へとでてきました。

意見をもらう発表者(社長さん)も、多少へこんでいるようには見えましたが、厳しい言葉に怒ることはなく、皆から意見を言ってもらうのが結果的に会社のためになると分かっておられるようでした。


私は、いろいろな経営者団体から講演仕事の依頼を受けてきましたが、これほどまでにお互いが親身になって意見を言い合う団体は初めてでした。

そこで、この団体がそんな関係を築くことができるようになった秘密は何だろうと興味をもちました。


皆に共通することはいくつかありましたが、そのひとつに「イエローハット創業者の鍵山秀三郎さんが提唱されるトイレ清掃」があったのです。


そこで、私もその「トイレ清掃」を含めた研修を受講することにしたのです。



結果として、その研修から学ぶことは非常にありました。

清掃は、それこそ「心を磨く」だけでなく、いろいろ大切なことに「気付く」機会だったのです。


★ 81歳創業者は、なぜトイレを素手で磨くのか
  イエローハット、世界のトイレ掃除に挑む!(東洋経済)

https://toyokeizai.net/articles/-/54721



この話、また明日に書かせてください。



ここまで、お読みくださいまして、ありがとうございました。


今日も心明るく快活に! ☘️

そしてできれば周りの方に優しさのお裾分けを。


引き続き、医療従事者の方々やライフラインを守ってくださる方々に敬意と感謝の気持ちをお願いします。🥰

今日が皆様にとって素敵な土曜日になりますように。


お困りの時はご相談ください。
大丈夫。市議会議員が力になります。💪
道は必ず開けます!✨✨


本日もよろしくお願いいたします。😊😄😉


★これまでの「朝のご挨拶」一覧
http://blog.todakouen.jp/archives/cat_10036576.html

(写真は、戸田駅南側、市役所南通りと埼京線が交わる辺りにあるBZ花壇に咲く「薔薇」です。今、地域の方によって何種類もの薔薇が咲いています!)

IMG_1691