おはようございます。😊😉🍀

今日、10月23日(金曜日)の戸田市は曇りのち雨。雲が広がり雨が降りやすい一日になりそうです。その分、明日は晴れ間が広がる予報です。


さて、今日は、私が学生の時の読書の際に、自分に言い聞かせるためにノートに書き抜きした3つの言葉にお付き合いください。


まず、心を奮い立たせたい時の自分への言葉。


☘️🍀☘️

勇気ある人間になりたければ、以下の5つの心得をしっかり守ることだ。何事に出会ってもびくともしない人間になること請け合いである。


1.本当に勇気があるかのように振る舞う。こうすれば元気が出てきて、「自分だって、あれくらいの事はできるのだ」と言う気になるから妙だ。

2.よく考えてみれば、失望落胆して壁に行き当たった人の多くが、立派にそれを乗り越えてきているのだ。他人にできたことが自分にもできぬはずがない。

3.人間の生命力はリズムにしたがって盛んになったり衰えたりしている。意気消沈して人生に立ち向かう意欲を失えば、どん底まで落ち込んで這い上がれなくなる。だが、あくまで勇気を失わなければ、今まで自分を抑え続けてきた力を一転して、失意から抜け出す力に転化できる。

4.昼間より夜の方が気が滅入るものだ。勇気は太陽と一緒にやってくる。

5.勇気は人の偉大さを測る物差しである。自分の理想像のレベルに達するまで頑張ることだ。

(デール・カーネギー)


🍀☘️🍀

「心と身体はつながっている」から、「勇気あるように振る舞えば元気が出てくる」というのは、心理学でも言われることです。笑顔を浮かべ、快活そうに振る舞っていると、そのうち心が元気になってくるということです。



あれこれ抱え込んでしまって、気苦労している時の自分への言葉。


☘️🍀☘️

問題を手際よく表現することによって、問題は半ば解決されている。

(チャールズ・F・ケタリング)


🍀☘️🍀

ことの本質は何なのだろうと考え、文字に表現することで、頭は整理されてくるものです。

常に頭の中にはいろいろな思いが浮かぶので、頭の中で考えていると、それらがぐるぐるまわって、よくわからないけどやるべきことがたくさんあることだけはわかるというような気苦労が溜まるものです。

そんな時、次々に浮かんでくる思いを私は文字にして「視覚化」します。そうしているうちに、ことの本質が見えてきて、何をやるべきなのか、どこから手をつけるべきかがわかってきます。これは経験則です。



悩みに押しつぶされそうになっているときの自分への言葉。

🍀☘️🍀

今から一年も経てば、私の現在の悩みなど、およそくだらないものに見えることだろう。

(サミュエル・ジョンソン)

☘️🍀☘️

落ち着いて考えてみると、これまでも大きな悩みを抱えていた時があり、それを乗り越えてきたはず。誰もが今の抱えている悩みは「史上最大の大変ごとだ!」と感じるものですが、過去の悩みを今振り返るとそうであるように、一年後の自分は、現在の悩みを乗り越えていて「なんとか解決できた」と思っているはず。

悩みというのは、もどかしくつらい感情を伴うから、人は必要以上に悩みを大きく考えがちですが、大きく考えすぎないためにも「今までだってなんとかなってきた。これからもなんとかなるだろう」と考えると、前向きになれるように思います。前向きになると、その悩みを解決するために必要なことに気付くものです。



今日も、素敵な一日にしましょう!😉🍀



ここまで、お読みくださいまして、ありがとうございました。


今日も心明るく快活に! ☘️

そしてできれば周りの方に優しさのお裾分けを。


引き続き、医療従事者の方々やライフラインを守ってくださる方々に敬意と感謝の気持ちをお願いします。🥰


お困りの時はご相談ください。
大丈夫。市議会議員が力になります。💪
道は必ず開けます!✨✨


本日もよろしくお願いいたします。😊😄😉


★これまでの「朝のご挨拶」一覧
http://blog.todakouen.jp/archives/cat_10036576.html


(写真は、戸田公園駅東口の花壇で咲き誇る「トレニア」です)

image