おはようございます。🌾🌾🥰

今日10月18日(日曜日)の戸田市は晴れ時々曇り。最高気温20度。昨日よりは気温はあがる見込みです。


さて、毎年、10月は、上戸田氷川神社で秋まつり「奉納演芸会」が行われていました。

私も10数年出演していましたが、今年は新型コロナ感染防止対策から中止となっています。


上戸田氷川神社は、戸田市の上戸田10町会を氏子とする神社。

創建は1382年。今の上戸田地域交流センターあいパルの北側にある寺院あたりにあったと言われる「戸田城」の城主・桃井中務大輔直和が、武運長久を祈願して、大宮氷川神社を勧請したと伝えられています。

1382年といえば、室町時代。三代将軍・足利義満公の治世でした。足利義満公といえば、アニメ「一休さん」の将軍様です。史実としては、外には日明貿易を開始し、内には南北朝合体を果たして動乱を鎮め、金閣寺を建立しました。室町時代の歴代将軍の中で、一番強い力をもった将軍様の治世に、上戸田氷川神社は建立されたのです。

その後、時代はかなり下り、明治44年に、旧上戸田村にあった羽黒社、道祖神社、山王社、稲荷社などが合祀されました。

現在の上戸田氷川神社は、本殿に素戔嗚尊(すさのおのみこと)、向かって右側(東側)の祠に羽黒大権現、向かって左側(西側)の祠に伏見稲荷をお祀りしています。


戸田市の上戸田地区には10の町会がありますが、それぞれの町会長が集まって、この上戸田氷川神社の運営を担っております。現在、宮司様は常駐されていませんが、神事の度に、和楽備神社から宮司様に来ていただいています。


毎年10月の日曜日に開催されている「秋まつり・奉納演芸」も、重要な行事のひとつです。

具体的には、神社の境内に舞台がつくられ、各町会毎に、カラオケや踊りなどの演芸名人が出場し、会場を笑いの渦を巻き起こします。そして、日頃お護りくださる神様に、会場の笑いを添えて、感謝の気持ちを奉納するというお祭りになっていました。


私は町会から最初にお声掛け頂いた時に、さて、何をしようかと考えました。

「会場の笑いを神様に奉納する・・・うーん、笑いかぁ・・・」、けっこう難しいお題です。

そこで思いついたのが、いろいろと仕込みをした仮装をして唄うということでした。


会場におられる方は、高齢の方が多いので、馴染みのある「時代劇」を題材にしよう。しかも、テンポよいリズムの方が面白いだろうと思って、考えた結果、皆に親しまれている時代劇「銭形平次」に決めました。

あとは、要所要所でのパフォーマンスを考えました。


そして、こうなりました。

★ 戸田市上戸田氷川神社例祭2008にて銭形平次熱唱
https://www.youtube.com/watch?v=2vJKDSOE0mE


その後、毎年、パフォーマンスの形を少しずつ変えて出演しております。

当時は、銭形平次なので、私が唄っている時に、町会の皆様にお手伝いいただきながら、会場で「金貨チョコレート」を配りました(現在は議員なったので、物を配るのは自粛しています)。

おかげさまで、会場の笑いをたくさん頂戴することができました。皆さんが喜ばれている笑顔が何よりのことで、私も幸せな気持ちに包まれました。


今年は中止になった秋まつり奉納演芸会。

来年、再開できたら、私も「(帰ってきた)銭形平次」を披露しますかね。

早く、皆が集いながら笑顔に包まれる日が戻ってきますように。



ここまで、お読みくださいまして、ありがとうございました。


今日も心明るく快活に! ☘️

そしてできれば周りの方に優しさのお裾分けを。


引き続き、医療従事者の方々やライフラインを守ってくださる方々に敬意と感謝の気持ちをお願いします。🥰

今日が皆様にとって素敵な日曜日になりますように。


お困りの時はご相談ください。
大丈夫。市議会議員が力になります。💪
道は必ず開けます!✨✨


本日もよろしくお願いいたします。😊😄😉


★これまでの「朝のご挨拶」一覧

http://blog.todakouen.jp/archives/cat_10036576.html


(写真は、ご近所さんの玄関先の植え込みに咲く「赤い薔薇」です)

image