おはようございます。😊☘️😊

今日、10月15日(木曜日)の戸田市は曇り時々雨。昨日に比べぐっと気温が下がります。風邪をひかないようご注意ください。


さて、まずは「献血開催」のお知らせです。

本日午前10時より、戸田市役所で「献血」が行われます。受付は、10時から13時、そして、14時15分から16時半までです。

新型コロナの影響で、なかなか献血に人が集まらず、輸血用の血液が不足がちです。尊い命を救うために、皆様のご協力をお願いいたします。



ところで、私は昨年より戸田市内で活動している「民謡の会」に入りました。

昨晩、練習があり、ほぼ9ヶ月ぶりに参加しました。


私は、11年前に、地方歌舞伎を記録撮影したり、舞台を動かしたりするボランティア活動に参加したのをきっかけに、歌舞伎が好きになりました。

そして、歌舞伎では音曲として三味線が使われることから、いつしか、三味線の調べを心地よく感じるようになりました。


一方、17年前に戸田市に越してきてから、町会に誘われて参加。町会の夏の行事、盆踊りにも参加するようになりました。

この盆踊りにはまりましたが、そこでは炭坑節や八木節、東京音頭など民謡が使われていました。


そういった背景があり、昨年、知り合いの方から民謡の会に誘われて、見学させてもらったところ、民謡のもつ魅力に引き込まれました。

民謡については、若い時はそれほど興味を持たなかったのですが、今の年齢になると心に響くものがありました。

民謡は、地方それぞれの風土の中で、農業や漁業、土木作業をしながら唄われてきたものが多く、その地方独特の言い回しなどがあります。

伴奏は三味線や尺八。

その中に、民俗学的な魅力を感じました。


今、私が謡うのは、故郷・福岡の民謡が主で、練習しているのは「黒田節」。

あの「酒は飲め飲め 飲むならば 日の本いちのこの槍を」で始まる福岡民謡です。

私は、福岡・黒田52万石の藩校から始まり現代に続く修猷館(しゅうゆうかん)高校の卒業生です。それだけに黒田節をなんとか身につけたいと思っていました。


民謡は、カラオケとは、声の出し方や声の高さも違うので、少し難しく、その分やりがいがあります。


私が参加してる民謡の会は、新型コロナの影響で長らく活動をお休みし、先月再開したばかり。

私は先月は議会があったのでお休みし、今月からの参加となりました。


新型コロナの中で声を発する歌の練習を取り巻く環境は厳しく、ソーシャルディスタンスをとり、マスクを着用し、部屋が密にならないようにしながらの再開ですが、再び練習できる喜びを感じています。


まだまだ素人ですが、これから練習を重ねますので、いつか聴いてください。



ここまで、長文をお読みくださいまして、ありがとうございました。


今日も心明るく快活に! ☘️

そしてできれば周りの方に優しさのお裾分けを。


引き続き、医療従事者の方々やライフラインを守ってくださる方々に敬意と感謝の気持ちをお願いします。🥰

今日が皆様にとって素敵な木曜日になりますように。


お困りの時はご相談ください。
大丈夫。市議会議員が力になります。💪
道は必ず開けます!✨✨


本日もよろしくお願いいたします。😊😄😉


★これまでの「朝のご挨拶」一覧
http://blog.todakouen.jp/archives/cat_10036576.html


(写真は、戸田駅南側、市役所南通りと埼京線が交わる辺りにあるBZ花壇に咲く「薔薇」です。)

image

献血は戸田市役所東側一階入口で受付します。
image