多くの方からのご理解のメッセージ、励ましのお言葉、感謝しています。名誉毀損とされる疑惑の発端について、補足させていただきます。


候補者(当時)の妻の、内容的にも選挙運動に関することを、菅原市長が「私人」と言い切ってしまうのは違うのではないか、とのお言葉を、何人もの方からいただきました。

そのご指摘、理解いたします。ただ私自身がそれについて、ここで是非を問うことはせず、皆様の判断に委ねたいと思います。


今日、お伝えしたいことは、名誉毀損の訴えがなされた経緯です。

・・・ブログを始めて15年、市議会議員になって3年が経ちます。

戸田市の情報を伝える本ブログには、日々、市民の方からの情報提供をいただきます。お会いしたことのない方からも、たくさん連絡をいただきます。新しいお店がオープンした、こんなイベントがある、こんなことに困っていると、こんなことを調べてほしい等々、情報提供してくださる方には、感謝ばかりです。

情報提供に基づいて、私自身もできるだけ現地に赴いたりして執筆していますが、万が一、間違った情報を掲載した時には、すぐに訂正を入れます。

(ブログを書いている方なら、よほど偏屈な方でない限り、こうしたことは、常識ではないかと思います。ネットリテラシーとして当然のことです。)


ところが今回、記述が間違っている、と夫人から私への連絡はありませんでした。いきなり刑事告訴されました。

市長と市長の弁護士が、この件で警察に出向かれて告訴された、ということを、警察から私は告訴後すぐに伺っています(告訴人を夫人として)。

家族は私人であり一般人です、と菅原市長は一昨日、ご自身のホームページ等でこの件について言及されましたが、なかなか一般人の方が、いきなり刑事告訴する、というのは、一般的にはかなりハードルが高いのではないかと思います。

そして、今回の件、もし事実と違う場合は、他の市民の方と同様に、直接言っていただければ、私も対応できるのに、と感じています。


お店の開店時間が違っていたという単純ミスはもちろん、少し政治がからむ、「今はまだ公表しないでほしい」「書き方を変えてほしい」といった修正依頼は来ますし、それにはすべて対応しています。

記載が事実と違うのであれば、事実関係と情報提供の内容を精査した結果に基づいて、すぐに訂正するという流れは、どなたでも変わりはありません。


繰り返しになりますが、今回の件、市長夫人がビラを配っていた、という事実がないことが、本当に、一番、良いことなのです。

(今回の件、複数の市民からの情報提供のため、たしかに私も慎重にならざるを得ないことは間違いないのですが・・・)


心から、市長のご家族が悲しむような事態がないことを願っています。

そして、一議員として、市民が悲しむ事態がないことを、本当に、心から願っています。