おはようございます。🌼🌼😉

今日、9月30日(水曜日)の戸田市の天気は晴れ時々曇り。夕方までは晴れ間が続きますが、夜遅くから雨に雲が広がってくるようです。明日は雨が降る予報がでていますので、乾きにくいお洗濯は今日やっておくのが良いようです。


さて、今日は戸田市のこれからのまちづくりに関係するお話をさせてください。キーワードは「協働(きょうどう)」です。


先の戸田市議会9月議会では、特別委員会として「戸田市第5次総合振興計画審査特別委員会」が設けられ、議会最終日に、三浦委員長より委員会審査の報告がありました。

「戸田市第5次総合振興計画」というのは、来年度からの10年間の戸田市の「まちづくりの方針」を示す重要な計画です。

来年度からは、この計画に、たとえば感染症対応など時代の流れの中で新たに出てきた要素を加味し、より時代に即した第5次総合振興計画前期計画(2021年度〜2025年度)が作られ、そこに書かれた方針に沿って、具体的な施策が作られることになります。

なお、前期計画が終わる前には、さらに新たな要素を加味した2026年度〜2030年度を期間とする「後期計画」が作られます。


ところで、私は、昨年度、「戸田市第5次総合振興計画協働会議」に、議員として参加し、第5次総合振興計画の素案づくりに携わりました。

「協働会議」の名前にある「協働」は、戸田市が自治基本条例」で定めている重要な考え方です。


自治基本条例というのは、戸田市が地方自治を進める上で守るべき基本的事項について定めたきまりです。

その条例に「協働」の考え方が示されています。

したがって、戸田市においては、まちづくりに関する計画等は、基本的に、市民・行政・議会の三者が、それぞれの見識や役割を活かしながら一緒になって考え、実行することが求められます。

この「一緒になって考え実行する」というのが「協働」という考え方です。


(参考)戸田市の自治基本条例
https://www.city.toda.saitama.jp/soshiki/192/community-jitikihon-jorei.html

(参考)戸田市自治基本条例パンフレット
https://www.city.toda.saitama.jp/uploaded/attachment/35254.pdf



昨年度に開催された「第5次総合振興計画協働会議」では、会議の委員全員を4つのグループに分け、それぞれのグループに、公募市民委員、市役所職員、議員が組み合わさるよう配属されました。

そして、グループごとに割り振られたテーマについて、意見を出し合っていきました。


最初は、共通した認識の上で議論ができるように、現状と将来についての情報を皆で共有いたします。

その後、委員それぞれの経験を踏まえながら、意見を出し、グループでの意見をまとめていきました。


私はこの「協働」スタイルの会議を通してわかったことがひとつあります。

それは、結果としてまとめられた内容も重要なのですが、協働会議の中で自分とは違う立場の方の生の意見を聞くという体験をしたことで、その後、会議で得た意見や異なる観点から自分の職務を見直すことができるようになったことに、協働の意義があったと思うことです。

私は市議会議員として、防災に力を入れておりますが、協働会議でのグループ討議において、いざという時に自分の勤務先の場所を避難場所に提供したいと言ってくださった市民の方の声や、危機管理防災課ではない市役所の部署の考え方を伺ったことで、防災に関して議員としてできることは何か、より深く考えることができるようになりました。


「協働」には、関わった人を育てる力があります。

それが、私たちのまち「戸田市」の特徴でもあります。


この「協働」の話、戸田市の大きな特徴ですので、明日ももう少し語らせてください。



ここまで、少し難しい話をお読みくださいまして、ありがとうございました。


今日も心明るく快活に! ☘️

そしてできれば周りの方に優しさのお裾分けを。


引き続き、医療従事者の方々やライフラインを守ってくださる方々に敬意と感謝の気持ちをお願いします。🥰

今日が皆様にとって素敵な水曜日になりますように。


お困りの時はご相談ください。
大丈夫。市議会議員が力になります。💪
道は必ず開けます!✨✨


本日もよろしくお願いいたします。😊😄😉


★これまでの「朝のご挨拶」一覧
http://blog.todakouen.jp/archives/cat_10036576.html


(写真は、中央病院通り地域花の会さんが育てられている「マリーゴールド」です)

image