おはようございます。😊🥰🌸

今日、9月28日(月曜日)は、晴れ。久しぶりに澄んだ青空が広がり秋らしい天気になる見込みです。日中は暖かくなり、お洗濯日和となりそうです。


さて、昨日は,戸田市下戸田で開催された「はねとくも第1回『気まマルシェ』」というミニイベントを、Facebook友達の投稿で知り、行ってきました。


国道17号線のびっくり!ドンキーの東側、上町会館の南東にあたる場所。

2階が住居になっている建物の1階にフリースペースと店舗がならび、フリースペースでは今後も不定期にイベント開催を検討しているということでした。

今回は、野菜やアクセサリー、古本、雑貨等の販売、似顔絵描き、戸田市子どもの国近くの人気カフェ「Hey Coffee」の珈琲販売などが行われていました。私はぬるぬる野菜セットなどを購入して帰りました(私は茹でるとヌルヌルする野菜が好きなのです)。

私が訪れたのはもう終わりの方でしたが、若い層の方々がお店に集い、よい雰囲気でした。


ところで、私は戸田市に越して来る17年前まで、東京都杉並区の西荻窪というまちに8年間住んでいました。

西荻窪は、「中央線文化」と言われる独特な雰囲気を持った地域にあり、西に吉祥寺、東に荻窪と、集客力のあるまちに挟まれています。そして、当時の西荻窪は「大手のチェーン店が珍しいまち」で、個性的・特徴的な個店がたくさんありました。

駅前の商店会「西荻東銀座会」では、定期的に「あさ市」を開催し、普段なら夜しかやっていないお店がその日はお弁当やお総菜をお店の前で販売し、お客様のお店の味を知ってもらおうとされていました。


(参考)神明通りの「あさ市」
 https://nishiogi.guide/event/35


個性的・特徴的な個店があると、まちがよりいっそう楽しくなります。また、そこに「文化」が創られるように思います。

文化が生まれると、より周辺地域からの集客力も高まるように思いますし、そして「消費のまちから創造のまちへ」とまちが変わっていきます。


今回お伺いしたようなスポットやお店の違いが戸田のまちにたくさんできると、戸田市での暮らしがより楽しくなるように思います。

地域を歩きまわる楽しみが生まれますし、地域商業の活性化にもつながるように思います。

先日、戸田市で建築関連の事業を営む会社の方にお話を伺う機会があったのですが、やはりそのようなまちづくりを構想されておられました。私はその思いに共感いたしました。

戸田市としても、小さな起業を応援する施策を何年も前から進めてきました。


戸田市は東京に隣接するという地の利がありますが、その一方で、このまちで暮らす楽しさ、ふれあいの機会をもっと増やしていきたい。

そして、「消費のまちから創造のまちへ」と、事業者の方も、市民の方も、それぞれの可能性をさらに広げていく機会が増えるまちにしていきたく思います。

そう考えていくとワクワクしてきます。そんなまちづくりを構想し、環境づくりを進めていくのも政治家の役割のひとつです。一緒にやりましょう。どうぞ、よろしくお願いいたします。



ここまでお読みくださいまして、ありがとうございました。


今日も心明るく快活に! ☘️

そしてできれば周りの方に優しさのお裾分けを。


引き続き、医療従事者の方々やライフラインを守ってくださる方々に敬意と感謝の気持ちをお願いします。🥰

今日が皆様にとって素敵な月曜日になりますように。


お困りの時はご相談ください。
大丈夫。市議会議員が力になります。💪
道は必ず開けます!✨✨


本日もよろしくお願いいたします。😊😄😉


★これまでの「朝のご挨拶」一覧
http://blog.todakouen.jp/archives/cat_10036576.html


(写真は、昨日訪れた「気まマルシェ」イベント会場に咲いていた「サルビア・ガラニチカ」です)

image

(はねとくも 第1回気まマルシェ会場にて)
image

image