おはようございます。😄😄☘️

今日、9月21日(月・祝「敬老の日」)の戸田市の天気は曇りのち晴れ。最高気温は13時に26度程度で、お昼は涼しく朝夕は肌寒いかもしれないという予報です。


さて、今日は、昨日参加した、戸田遊び場・遊ぼう会さん主催の「道満プレーパーク」について、少し報告させてください。


昨日は午前9時から正午すぎまで、戸田市の彩湖・道満グリーンパーク内にある通称「道満プレーパーク場」を会場に、プレーパークが開催されました。

私が9時半頃に到着すると、既にたくさんの
ご家族が参加されていました。


先月参加したときは、陽射しも強く、まさに夏の気候でしたので、水遊びに興じる子ども達が多かったのですが、昨日は秋が感じられる日で、また途中から雨もぱらついてきましたので、プール遊びはありませんでした。

そんな中で、プレーリーダーの方が関わりながら、いろいろな遊びが子ども達によって創られていました。


私も子ども達の中にはいっていきましたが、感動したことがいくつかありました。

その中から3つほど紹介いたします。


まず、私が会場についたときですが、会場は草も多く生えていることから、あちこちからコオロギの音が響いていました。

そんな中で子ども達もコオロギを捕まえて観察していましたが、一通り観察し終えると、みな草むらに逃がしてあげていました。

子ども達が言うには、家に連れて帰ると死んじゃうから可哀想とのこと。

親御様も、生態系の話を子どもたちにされているらしく、子ども達が、昆虫であってもその生命を慈しむ気持ちをもっていることと、生態系壊しちゃいけないことがわかっていることに感動しました。


次に、今回は季節的にプール遊びなどの水遊びはなかったのですが、水を使っての水路づくりや水で土に穴を開けていく遊びに興じる子ども達がいました。

最初、ホースから水を出していると、窪地に水が溜まっていきます。小さな水たまりができると、そこから水を流すために、子どもは小さなシャベルで水路(川)を作り始めました。

水がどんどん溜まってくると、水路も一本だけではたりません。すると池から流れ出す水の流れにそって、もう一本水路をつくりました。

それでも水が流れて、水路から溢れてくると、今度は周りの土を掘って、水路に沿って土手を作り始めました。

土手ができると水路を通って、水が上手く流れるようになりましたが、途中、水路が曲がるところで水が土手を削り、そこから水が溢れ出すようになりました。そうすると、すかさずまた土を掘って、削れた土手に盛り土し、土手を修復しました。

スコップやシャベルで穴を掘るのと、ホースの水をうまくつかって、水圧で穴を掘るやり方も採用していました。

また、水路に舟に見立てた葉っぱを流していましたが、途中で葉っぱが停まるのをみて、その辺りのカーブを削ってひっかかりを少なくしたり、また水路の底に溜まった泥をさらってうまく水が流れるようにしていました。

・・・これって、現実の社会でもやっている治水じゃないですか!

水路の横には期せずして、荒川にとっての彩湖のような水のたまる池もできていました。

こんな遊びの経験を通して、子ども達が学んでいることを感じ、感動しました。


3つめは、ベーゴマ遊びに子ども達が興じていたことです。

ベーゴマを基にしたおもちゃは、ベイブレードなどいくつかありますが、ここに来ていた子ども達はベーゴマそのものに馴染んでいました。

ある子どもは、私に、ベーゴマにはいくつもの種類があり、攻撃力のあるベーゴマや持久力のあるベーゴマをはじめ、それぞれの特徴があることを教えてくれました。

また、ベーゴマの模様を説明してくれる子どももいました。最近は、上を白くペイントして、そこに自分の好きな絵をかくのもはやっていると教えてくれました。

参加している子ども達は、皆、自分専用のベーゴマの箱を持っていて、自分のベーゴマを整理し、勝負する相手によって用いるベーゴマを使い分けているそうです。

親御さん達の中にも、子どもさんに影響を受けたのか,ベーゴマを巧みに操る方もおられました。親子でベーゴマをやる姿、年齢の違う子ども達がベーゴマに興じる姿をみて、いいな!と思ったのでした。

そして、私は、子ども達から頼まれて、ベーゴマ対決の勝敗を判定するためのビデオ撮影係をやりました。スローで撮影したのですが、その中のひとつがこれです。

↓↓↓

https://youtu.be/zKcGKW9Djrk


映像の最後には、子ども達の歓声がはいっていますが、このように皆で楽しんでいる様子を感じてもらえましたでしょうか。

こういった子ども達の姿にも感動いたしました。


その他には、木材をのこぎりで切ったり、切った木材を組み合わせて自分用の剣をつくったりして遊ぶ子ども達もいました。

私が木材置き場の所にいった時は、4歳になった男の子がお母さんの応援を受けながら、一所懸命に木を削っていました。その真剣な様子にも心打たれました。


私は、子ども達の遊び相手になれればとか、何かお手伝いができればとか思い、プレーパークに参加しましたが、大人であっても教えられることが多いのがプレーパークです。


こういった場を子ども達のために、企画し提供くださる「戸田遊び場・遊ぼう会」のスタッフさんの皆様に心より感謝いたします。



ここまでお読みくださいまして、ありがとうございました。


今日も心明るく快活に! ☘️

そしてできれば周りの方に優しさのお裾分けを。


引き続き、医療従事者の方々やライフラインを守ってくださる方々に敬意と感謝の気持ちをお願いします。🥰

今日が皆様にとって素敵な祝日(敬老の日)になりますように。


お困りの時はご相談ください。
大丈夫。市議会議員が力になります。💪
道は必ず開けます!✨✨


本日もよろしくお願いいたします。😊😄😉


★これまでの「朝のご挨拶」一覧
http://blog.todakouen.jp/archives/cat_10036576.html


(写真は、道満プレーパークの場所に咲いていた「オシロイバナ」です)

image

水路づくり
image
image

木材で遊具づくり
image
image

ベーゴマ対決
image
image

道満プレーパーク場
image
image
image
image