おはようございます。☘️😄☘️

今日、9月16日(水曜日)の戸田市の天気は曇り時々雨。最高気温は12時に27度の見込みで、朝晩は涼しい一日に。草木にとっての恵みの雨がぱらつくのは夕方になるようです。


さて、一昨日の月曜日、わが国の新しい総理大臣に、菅義偉さんが就任されることが決まりました。

安倍首相が辞任される旨を発表した翌日、私は福岡に住む父と電話で話をしておりまして、その時に、父が「次の首相には誰がなると思う?」と私に尋ねました。

私はその時に、「菅さんがなると思う。日本の内と外を取り巻く状況を考えても、菅さんが一番適任だと思う」と答えたのですが、その時は、まだ首相候補に菅さんの名前が出ていなかったときでした。父も「僕も菅さんだと思う」と話していました。

菅さんは、学生・社会人として苦労を重ね、政治の道へと転身された方。何よりも官房長官という裏方として安倍首相を支えてこられた方で、私はその裏方仕事を担ってきたというところに、大いに共感いたします。


ところで、私の友人に、女性のドキュメンタリー映画の監督がいるのですが、彼女が注目するのは物事を支える「裏方」「裏舞台」。

私達の社会では、人目につく華やかな表舞台の裏側で、多くの方がそれを支えています。むしろ、裏方の努力があるからこそ、表が輝いてみえるわけで、裏方こそ主人公である、そんな思いを持っています。

私はこの10年間ちょっと、仕事の合間に、その映画監督の撮影を手伝う機会がしばしばありました。

そして、私も裏方の一人として、これまで地方の歌舞伎舞台や文化活動を支えるボランティアに身を投じてきました。


だからこそ、真面目に裏方仕事を積み重ねて来られた方を尊敬します。

加えて、私も裏方仕事に身を投じる労をまったく厭いません。


先週行った私の一般質問では、新型コロナに見舞われた戸田市民の方々のために、戸田市がどう対応したかについて採り上げましたが、その準備の際に、裏方仕事を担った市の職員さんたちの話をいろいろと伺いました。

一般質問では、家庭や、医療・教育・保育・高齢者施設等の現場、市役所の担当部署で多くの方々が、力を合わせ、新型コロナに立ち向かっていった姿が浮かび上がってきました。

表側の華やかな部分にはでてこない姿、しかし、それらがあったからこそ、今の対応が可能になっている。まだまだ予断を許さないけど、希望を感じることができるようになっている。

それは多くの「裏方仕事」を担った方々のお力の結果だ、そう実感いたしました。


私達の社会は、人に見られない、知られない、もしかすると評価も受けない、けれど、そのことがあるからこそ人が幸せになれる、そんな仕事を担う多くの人の力で支えられています。

感謝。感謝。感謝。

この裏方仕事を厭わない気持ちが文化として共有される限り、私達の社会には希望があります。

新型コロナを前に、まだ苦難の時間は続きますが、心の手を繋ぎ、お互いの力をあわせて、希望の道をつくっていきましょう。



ここまでお読みくださいまして、ありがとうございます。


今日も心明るく快活に! ☘️

そしてできれば周りの方に優しさのお裾分けを。


引き続き、医療従事者の方々やライフラインを守ってくださる方々に敬意と感謝の気持ちをお願いします。🥰

今日が皆様にとって素敵な水曜日になりますように。


お困りの時はご相談ください。
大丈夫。市議会議員が力になります。💪
道は必ず開けます!✨✨


本日もよろしくお願いいたします。😊😄😉


★これまでの「朝のご挨拶」一覧
http://blog.todakouen.jp/archives/cat_10036576.html


(写真は、ご近所さんの柵に絡みながら咲く「マルバアサガオ」です)

image