おはようございます。😊😄😆

今日、9月11日金曜日の戸田市は、晴れ時々曇り。12時に気温が32度まであがる予報です。日中は蒸し暑く急な雨や雷があるかもしれません。ご注意ください。


さて、今日は花の金曜日ですので、少し柔らかい話にお付き合いください。


先日、昭和の時代の遊びについて話題にしましたが、子どもの頃にはやった替え歌の話です。

今から思えば、なんでそれが面白いの?と思うものもありますが、子どもの頃って、ちょっとしたことでもケラケラわらったものです。

私が子どもの頃にはやった替え歌、いや、正確には替え歌というか、アレンジなのですが、そんな中のひとつに「瀬戸の花嫁」がありました。🥰


瀬戸わんたん
日暮れ天丼
夕波こなみそらーめん

あなたのしまエビフライ
お嫁に行くのりたま

若いとんかつ
だれもがんもどき
心配するけれドーナツ

愛がんもどき
あるからっきょ
大丈夫なのりたま

だんだんばたけとうがらし
さよならするのヨーグルト
幼いおとうトーフ
行くなとないたぬき汁

おとコンニャク
だったらっきょ
泣いたりせずにんじん

とうサンドイッチ
かあサンドイッチ
大事にしてねりわさび



地域によって、語尾に使われる食べ物は変わるようですが、この替え歌、耳にされませんでしたか?


あと、子ども向けの特撮テレビ番組に「レインボーマン」というのがありました。原作者は「月光仮面」を生み出した川内康範さん。

その主題歌の冒頭、「インドの山奥で 修行をして」をもじって、小学生の時にこんなフレーズが流行りました。


インドの山奥、出っ歯のおじさん、ガイコツみつけて、ギャー!


ところが、小学校に転校した時に、新しい小学校ではこの替え歌が少し変化していました。


インドの山奥、でんでん虫捕まえ、がけから落ちて怪我をした。赤チン塗っても治らない、白ちん塗ったら毛が生えた、黒ちん塗ったら死んじゃった!


白チン、黒チン・・・意味不明でしたが、皆がそんな歌を歌っては、ケラケラ笑っていました。



これインターネットで調べてみると、地域によっていろんなアレンジが流行っていたようです。共通ルールは、次のフレーズにうつる時に「しりとり」になっていること。


(その1)
インドの山奥で でんでん虫カタツムリ リンゴは真っ赤っか かーちゃんおこりんぼ ぼーくは泣いちゃった たぬきの立ちしょんべん 便所の戸が開かない インドの山奥で…(以下ループ)

(その2)
インドの山奥で でんでんむしカタツムリ リンゴが真っ赤っか かあちゃん怒りんぼ 坊主のハゲ頭 まんじゅう食いたいな 菜っ葉のおみおつけ 喧嘩が止まらない インドの山奥で…(以下ループ)

(その3)
インドの山奥で 出っ歯のオジサンが 骸骨見つけて死んじゃった♪


私が住んでいた福岡県北九州市や福岡市では、その3に近かったですが、その1やその2のように、最初に戻ってループする歌は耳にしなかったですね。


みなさんはこのような歌、耳にされたことはありましたでしょうか。ぜひみなさんの思い出を教えてくださいね。



ここまでお読みくださいまして、ありがとうございます。

本日も私は、戸田市議会市民生活常任委員会に出席いたします。



今日も心明るく快活に! ☘️

そしてできれば周りの方に優しさのお裾分けを。


引き続き、医療従事者の方々やライフラインを守ってくださる方々に敬意と感謝の気持ちをお願いします。🥰

今日が皆様にとって素敵な花金になりますように。


お困りの時はご相談ください。
大丈夫。市議会議員が力になります。💪
道は必ず開けます!✨✨


本日もよろしくお願いいたします。😊😄😉


★これまでの「朝のご挨拶」一覧

http://blog.todakouen.jp/archives/cat_10036576.html


(写真は、(写真は、戸田駅南側、市役所南通りと埼京線が交わる辺りにあるBZ花壇に咲く「ゼフィランサス(たますだれ)」です。)

image