おはようございます。😉🌻🥰

今日、7月29日(水曜日)の戸田市は曇り時々雨。最高気温は12時に25度になる見込みです。暑さは和らぐものの、にわか雨も可能性があるようで、外出の際は折りたたみ傘を用意された方が良いかもしれません。


さて、本日は、議会の話を少しさせてください。


今日は午後より、戸田市議会の会派「令和会」の定例会議を行います。


市議会の場合、主義主張を同じくする議員が集まって、「会派」を構成します。そして、議会の常任委員会や特別委員会は、会派ごとに人数を割り当てることになっています。戸田市議会の場合、議会に提出される議案を詳細に審議する常任委員会は

〜輒馨鑁ぐ儖会
∧原機Ψ設常任委員会
市民生活常任委員会
し鮃福祉常任委員会

の4つがあります。

常任委員会は、基本的に同日に開催されることから、会派には最低4人いないと全ての常任委員会審議に、会派の意見を出すことができない仕組みになっています。


私が属するのは「令和会(れいわかい)」という会派。

^謀貊┨澄覆い箸Δ劼任劼蹇傍聴
∋該蟆軆咫覆笋泙兇まさとし)議員
斎藤直子(さいとうなおこ)議員
な岸義雄(みねぎしよしお)議員
セ筺⇔單濾

の5人で、会派「令和会」を結成しています。


そんな令和会の特徴のひとつは、「多彩な社会人経験を積んだ議員から構成されること」です。


社会人としての経験には、良いこともあれば、苦難を体験し乗り切った経験もあります。

そういったさまざまな人生経験は、議員としての発想や判断に役立つばかりでなく、市政で実際に直面するさまざまな状況に対し、具体的で実行性のある政策を行う際の拠り所になります。


踊る大捜査線という映画の名セリフ「事件は会議室で起きているんじゃない、現場で起きているんだ!」に象徴されるように、政治ではやはり「現場がどうなっているのか」かという現場からの発想が重要で、私たちは社会人体験を通じて、そのことを痛感してきました。


最近の傾向として、インターネットでちょっと調べ、電話を掛けて状況を聴くだけでわかったつもりになるようなことが、いろんな場面で見られます。残念ながら政治の場面でもそうです。

そしてそれを「効率の良い」やりかたであると考える傾向もあります。

しかし、それは果たして本当に「効率の良い」やりかたなのでしょうか。


私たちは、皆様から投票によって選ばれ、議会における皆様の代弁者になりました。

有権者の皆様が私たち議員に望まれているのは、まず現場をみて、現場だからこそわかる状況や人の心を感じ、さまざまなことを勘案しながら、政治を行っていくことではないかと私たちは考えます。


そのために、私たちは、議会が休会になっている時は、それぞれが持っている問題意識に応じて、現場体験を積み重ねます。そして、定期的に会合をもち、お互いの情報を共有し、これからの戸田市の方向性や戸田市にとって必要な施策について、皆で話しあっていきます。

今日の会合もそのようなものです。


皆様がこの戸田市でお暮らしになっていて、何か問題に思うようなことがあれば、ぜひ、私たちにお話ください。

私たちでは、気がつかない「現場」がたくさんあります。どうぞよろしくお願いいたします。



ここまでお読みくださいまして、ありがとうございます。


今日も心明るく快活に! ☘️

そしてできれば周りの方に優しさのお裾分けを。

引き続き、医療従事者の方々やライフラインを守ってくださる方々に、敬意と感謝の気持ちをお願いします。🥰


お困りの時はご相談ください。
大丈夫。市議会議員が力になります。💪
道は必ず開けます!✨✨

今日が、皆様にとって素敵な一日になりますように。

本日もよろしくお願いいたします。😊😄😉


★これまでの「朝のご挨拶」一覧
http://blog.todakouen.jp/archives/cat_10036576.html


(写真は、まだ綺麗に咲いている頃に撮影した「紫陽花」です)

FullSizeRender
IMG_7876
IMG_7875