おはようございます。🌴😄🌻

今日、7月25日(土曜日)の戸田市の天気は雨。最高気温は13時に29度の予報です。局地的に強い雨が降る可能性もあるそうなので、外出の際はお気をつけください。


さて、夏になると思い出す旅がひとつあります。

それは、今から24年ほど前に行った、中国の内モンゴル自治区への旅です。

一週間ほどの夏休みを利用して、日本からの植林ボランティア活動に参加しました。場所は、中華人民共和国内モンゴル自治区通遼市庫倫旗(クリンキ)で、ちょうど砂漠の端に面する場所でした。


成田空港から上海に飛び、上海から瀋陽に飛び、瀋陽からひたすらバスで北上。

当時、私はまだ31歳で、知識も経験もまだまだ。しかも初めての中国で、目にするもの体験すること、驚きの連続でした。


当時の中国で驚いた話は一度に書き切れないので、また別の機会に書きますが、瀋陽からバスに乗り、両脇が広大なコーリャン畑の間の舗装されていない道をひたすら走りながら5時間あまり、目的地である内モンゴル自治区クリンキに到着しました。


内モンゴル自治区に入って驚いたのは、木々がほとんど見られなかったことでした。

聞くところによると、その辺りの住居はどろレンガを積み重ねて作られていて、そのレンガを焼くために木々を使ってしまい、結果として地域の砂漠化が進んでしまったということでした(すべて当時の記憶によるので、認識が間違っていたらごめんなさい)。


到着地の内モンゴル自治区クリンキは、以前より日本人ボランティアによる植林活動が続けられている場所でした。

しかし、ほとんど雨が降らない場所。

日本人の緑化ボランティアの方々が、そんな場所に井戸を掘り、その井戸の水を使って、地道に植林活動をされていました。私も短い期間でありましたが、その活動に参加したわけです。

100本植えても、雨がふらないため3本程度しか根付かない年もあります。しかし、それでも地道に続けていくことで、緑の地域が増えていきました。

また、沙漠に面した場所ではありましたが、日本人が掘った井戸から水を引いて、井戸のすぐそばに小さいながらも水田ができていました。水田には稲が植えられていて、その光景は感動的でした。


最初に、クリンキに到着したときに、内モンゴルの人たちによる歓迎の儀式を受けました。客人である私たちのうち、成人男性はなみなみと注がれた白酒(日本の焼酎のような蒸留酒で、度数も高かったです)を一気に飲み干すことから始まりました。

その翌日は、小学校を訪問しました。その時も子ども達による歓迎を受けましたが、その時の歓迎は「子ども達の歌」でした。

小学校といっても、日本の小学校のような立派な建物ではありません。教室は泥レンガでつくられた小屋。その中には黒板が置かれて、シンプルな机と椅子が置かれていました。


そんな教室の横にした乾いた風が吹く大地の上で、子ども達がアカペラで歌ってくれたのですが、最初の歌は「お父さんの歌」そして「お母さんの歌」、次は「おじいさんの歌」、さらに「おばあさんの歌」。すべて家族を歌った歌が続きました。歌声は風に乗り、その声だけが響き渡りました。

着ているのは決して裕福とは言えない服。吹きっさらしの風の中で肌も荒れている。そんな暮らしの中でも、家族を大切にする気持ち、愛が込められた歌の数々を、子ども達は私たちに一生懸命に捧げてくれました。

言葉はわからなかったけど、気持ちは伝わってきました。その後、蒙古人通訳を介して子どもたちともお話をしましたが、皆が素朴で素直な表情と嬉しそうな目で見つめてくれたことを今でもありありと思い出します。


小学校を訪問することは予め知らされていたので、私たちは子ども達へのお土産をたくさん用意して持って行ったのですが、めぼしい物はほとんど、現地の共産党の役人たちが自分達の懐にいれてしまいました。

そんな日本では考えられない振る舞いに憤りを感じつつも、その後、さらに、自治区の名の下に蒙古民族が共産党・漢民族に実質的に支配されている現状を知らされる体験がありました。それはまたいずれ書きます。


今年は新型コロナの影響で、小学校での読み聞かせボランティアも休止状態。私が議員になる前から参加している他県での小中学校授業指導も開催が難しい状況。

でも、子ども達を前にしていつも思うのは、内モンゴルでそうだったように「相手を大切に思う気持ち」はたとえ言葉が通じなくても伝わるものだということです。


子どもたちに何かを教えてやろうと言ったような傲慢なものでなく、子どもたちに喜んでもらいたい、相手のためになることをやりたい、心から応援する気持ちを伝えたい、人を大切に思う心を伝えたい ・・・ そういった気持ちを持って子ども達に接すると、それは伝わるものだと思うのです。


この内モンゴルの話は明日もう少し続けますね。


ここまでお読みくださいまして、ありがとうございます。


今日も心明るく快活に! ☘️

そしてできれば周りの方に優しさのお裾分けを。

引き続き、医療従事者の方々やライフラインを守ってくださる方々に、そして、今なお被災地で被災者の救助にあたってくださっている自衛隊の方々に、敬意と感謝の気持ちをお願いします。🥰


お困りの時はご相談ください。
大丈夫。市議会議員が力になります。💪
道は必ず開けます!✨✨

今日の土曜日が、皆様にとって素敵な一日になりますように。

本日もよろしくお願いいたします。😊😄😉


★これまでの「朝のご挨拶」一覧
http://blog.todakouen.jp/archives/cat_10036576.html


(写真は、ご近所さんの道に面した軒先に咲く「アルストロメリア」です)

IMG_7586