三菱商事都市開発から改めてプレスリリースが出ました。

以前は医療モールという話もあったと思いますが、昨日20日のプレスリリースにはその記述はありません。

↓↓↓

三菱商事都市開発/既存商業施設一新
「(仮称)ビバモール蕨市」来春開業
2020年7月20日

三菱商事都市開発は7月20日、埼玉県蕨市・戸田市で既存商業施設をバリューアップし、「(仮称)ビバモール蕨」として2021年春にリニューアルオープンすると発表した。

計画地は、JR京浜東北線蕨駅とJR埼京線戸田駅の中間地で、埼玉県道236号沿いに位置しており、さまざまな交通手段においてアクセス良好な立地。良好な商圏で人口増加傾向にある、今後も大きな発展が期待できるエリアに位置している。

ホームセンターを核としながらもNSC(Neighborhood Shopping Center)機能も併せ持つ、日常生活の豊かさに必要なモノ・コトをそろえる商業施設へバリューアップすることで、これまで以上に地域のお客のニーズ・ライフスタイルの変化に幅広く応える施設を目指す。

三菱商事都市開発は、これまでの立地特性を生かした開発や「マチノマ」ブランドのNSC開発のほか、今後も自社の商業知見を活用し、このような既存施設のバリューアップ事業を積極的に行う方針だ。

三菱商事グループが持つ情報力を最大限駆使し、テナントや投資家のニーズに即した優良な商業施設を収益不動産市場に提供すべく、継続して商業施設の開発事業を行うという。

■(仮称)ビバモール蕨開発概要(予定)
所在地:埼玉県蕨市錦町1-350-5
埼玉県戸田市上戸田1-23-6
交通:JR埼京線「戸田」駅から徒歩12分
JR京浜東北線「蕨」駅から徒歩16分
敷地面積:約3万4600m2
店舗面積:約2万3000m2
構成:ホームセンター、スーパーマーケット、物販・飲食店舗など
店舗数:約50

(出典元)流通ニュース

FullSizeRender