おはようございます。🍈😄🍉

本日、6月21日(日曜日)の戸田市の天気は ・・・


・・・ 曇り一時雨。

ぐすん。😢何日か前の週間天気予報では晴れだったのに、夕方から曇りの予報になってしまいました。せっかくの部分日食だったのに、残念です。神様の気が変わって、晴れ間がのぞくことを祈るばかりです。

あ、最高気温は13時に24度。涼しいです。


天候は神秘的。

最近、特に印象深かったのは、天皇陛下の即位礼正殿の儀が始まる30分前に、それまで降っていた雨が止み、空にさっと晴れ間が広がり、虹が差したことです🌈(その時の虹の映像 https://www.youtube.com/watch?v=UW1ymVcgFg0)。

感動で身体が震えました。天照大神を祖とする日本の皇室ならではの奇蹟かと思いました。


ところで、私は、星空を見るのが好きです。

今年は行けませんが、これまでに満点の星空を見るのを目的に、キャンプにたびたび行きました。

キャンプ場の真っ暗で広い空に掛かる満点の星空は神秘的。

双眼鏡だけでも、肉眼では捉えられない無数の星をみることができます。星座表には載っていない星の数々。中には、星雲もみることができます。

あと、飛び交っている無数の人工衛星!

これも肉眼ではなかなか分からないのですが、双眼鏡で見ていると縦横無尽に飛んでいる様子を観察することができます。


今までで一番感動的な星空観察ができたのは、北海道空知郡中富良野町にある「星に手のとどく丘キャンプ場」でした。もう夜中に時間を忘れて、ただただ星空に見入っておりました(星に手のとどく丘キャンプ場 https://www.hoshioka.com/)。


私にとって、星空観察は、今は亡き母親との思い出でもあるのです。

福岡市で過ごした小中学生の頃。私にとっては、母親が生きていて、家族が一緒に暮らしていたとても幸せな期間でしたが、その時に母が好きだったのが、星空をみることだったのです。

今から45年ほど前、当時から福岡市は都市化されていて、夜であってもそれほど暗くはなかったのですが、母は双眼鏡をもって、当時住んでいた社宅の入口あたりで、星座表を片手によく星空を見ていました。

冬になると、気温が下がり、空気も澄んでくるので星もよりいっそう綺麗に輝きます。

そんな中、母が好きな星座は、オリオン座でした。

だから、私の中では、オリオン座といえば「お母さんの星座」なのです。

オリオン座を見ると、母が茶色い冬のコートを着て、双眼鏡でオリオン座をみていた光景を今でも思い出します。


皆様も、時には仕事の手を休めて、星空を見上げてみませんか。

そんなあなたに贈るのは、やはりこの歌です(坂本九「見上げてごらん夜の星を https://youtu.be/3hNQsRmAAC0)。


お休みの日に、ここまで読んでくださいまして、ありがとうございました。


今日も心明るくお元気に。😉✨

そしてできれば周りの方に優しさのお裾分けを。

引き続き、医療従事者の方々に、ライフラインを守ってくださる方々に、敬意と感謝の気持ちを。🥰


今日の日曜日が、皆様にとって素敵な一日になりますように。

本日もよろしくお願いいたします。😊😄😉


★これまでの「朝のご挨拶」一覧
http://blog.todakouen.jp/archives/cat_10036576.html


(写真は道路に面したご近所さんの庭先で元気に成長するローズマリーです)

IMG_6453