おはようございます。🌸🌸🌸

本日の戸田市は曇りのち雨、そして晴れ。14時頃に少し雨がパラついて16時からは晴れていくというお天気が予報されています。気温は15時に14度。昨日に比べるとぐっと低くなるようです。

昨日は自転車で外出のついでに、ボートレース戸田まで足を伸ばしてきました。ボートレース戸田では無観客レースをやっていました。

議員になってから、他地区に行った際に、戸田市は競艇があるから儲かっていいですねと言う声をよく聞きました。しかし、数十年前はそんな時代もあったようですが、現在はかつての売り上げの10分の1程度。売り上げの中から施行自治体に支払われる分配金のうち、それを川口市や蕨市と分けて、残り昨年度の戸田市への分配金は5億円強でした。

今、新型コロナウイルスの影響で、しばらく無観客レースが続いていますので、今期の売り上げはさらに落ちこむことが必至です。もっとも、これまで売り上げの半分以上は、インターネットや電話での舟券購入で、それは維持されているのは幸いです。

しーんと静まりかえったボート場に、競技を行うエンジンの音だけが鳴り響くのを荒川堤に向かう橋の上からみていました。選手の皆さんにもお客様の声援の中で競技させてあげたいと思いました。また、ボート場内で働いている人たちが仕事ができるよう、新型コロナウイルス感染の脅威が早くおさまりますようにと願わざるを得ませんでした。

昨日は快晴の空の下、自転車を駆っている途中、桜吹雪にまみれました。桜吹雪といえば、遠山の金さん。秋に行われる上戸田氷川神社奉納演芸における私の十八番の演目。

秋の奉納演芸では皆で笑いながら、集いたく思います。そのためにも感染拡大を抑え日本の医療体制が崩壊しないよう、協力できることはやっていきたく思います。皆の力を合わせましょう。

今日も心は明るく元気に笑顔大作戦。😄
どんな状況でも希望の光は必ずあります!

本日もよろしくお願いいたします。💕

IMG_2851

FullSizeRender

(参考情報)

ボートレース(競艇)では、売上金の75%は勝ち舟投票券への払い戻しにあてられ、残り25%のうち、3.3パーセントが日本財団(日本船舶振興協会)に、1.2パーセントがモーターボート競走会に公布、公営企業金融公庫に納付され、さらに管理費や選手への賞金などの開催費を差し引いた残りを施行者の自治体が受け取ることになります。 


ボートレース戸田(戸田競艇)は、かつて、戸田町、美笹村、川口市、蕨市の22町で戸田競艇組合(現在は「戸田競艇企業団」)をつくり、誘致したものです。そのため、自治体への配分金を当初は4等分していました。


その後、戸田町と美笹村が合併して新たな戸田町となり、その戸田町も戸田市となったために、現在では自治体への配分金は、戸田市が50%、川口市が25%、蕨市が25%となっています。


ただし、ボートレース戸田では、「戸田競艇企業団」が施行者となって開催するレースと「埼玉都市組合」が施行者となって開催するレースの2つがあり、