埼玉県が本日(18日)、総額35億円規模の新型コロナウイルス緊急対応策を発表しました。


↓↓↓


【新型コロナウイルス埼玉県緊急対応策】


埼玉県は、あらゆる分野で先手の対応を行うため、緊急対応策の第1弾から第3弾までを立て続けに打ち出しました。総額35億円規模となります。


◆予算措置第3弾(総額30億円程度)


 国の緊急対応策などを踏まえた新たな措置を行うため、国の予備費に対応した総額30億円程度の補正予算の編成をすすめています。


1.令和元年度補正予算(案)(24億円程度)


(1)感染拡大防止対策と医療提供体制の整備


_雜郢楡濺の感染拡大防止対策

・マスク・消毒液の緊急調達や施設の洗浄、多床室の個室化改修を支援


入院医療機関の体制強化 

・体外式膜型人工肺(ECMO)等の整備


(2)学校の臨時休業に伴って生じる課題への対応


・生活福祉資金貸付制度の拡充


2.令和2年度補正予算(案)(6億円程度)


(1)感染拡大防止対策と検査体制の強化


・介護施設等の多床室の個室化改修支援

・医療機関のマスク・消毒液の緊急調達

・保険適用PCR検査の公費負担


(2)中小企業への新たな支援


・県制度融資の融資利率引き下げ

・信用保証付き融資の返済期間延長

 

 

◆予算措置第2


令和24月以降の相談・検査体制の継続・強化を目的とした補正予算を計上しました。


1.令和2年度補正予算第1号(45,300万円)


(1)相談・検査体制の継続


・専用電話相談窓口を継続

・感染症検査・フォローアップ体制を継続


(2)医療提供体制の更なる強化


・外来医療機関の感染防護具等の整備

・入院医療費の公費負担

 

 

◆予算措置第1


 令和元年度内の相談・検査体制の整備を実施しました。


 令和元年度予備費を活用(8,300万円)


(1)県民相談体制の強化


・専用電話相談窓口の設置

・啓発用ポスター等作成


(2)感染者フォローアップ体制の整備


13保健所に看護師を派遣


(3)検査・医療提供体制の強化


ヾ鏡症検査体制の整備

・リアルタイムPCR用試薬等


医療機関の体制強化

・陰圧テント(外来用)の整備

・患者移送用アイソレータ(入院用)の整備


詳しくは埼玉県ホームページをご確認ください。

http://www.pref.saitama.lg.jp/a0701/emergencyresponse.html