◆新型コロナウイルスによる感染症相談窓口

 厚生労働省
 電話 03−3595−2285
 受付時間 9時〜21時
 土日も対応

 埼玉県南部保健所
 電話 048−262−6111
    受付 8時半〜17時15分
 平日のみ


日に日に感染者が拡大している「新型コロナウイルスによる感染症」。

本日、東京都内でも感染者が出ましたが、東京都内に通勤・通学されている方が多い戸田市にお住まいの方も不安に感じることが多いと思います。

以前に比べ、ネットも普及している影響で、いろいろな情報が得やすくなっている反面、デマと思われる情報も出回っています。

この「新型コロナウイルスによる感染症」については、その特徴や有効な治療方法などよくわかっていないことが多いのですが、対策に関しては次のことが言われています。

  • インフルエンザ対策のように「手洗い」が有効。感染はウイルスが口や鼻から侵入することで起こり、経路として多いのはウイルスが付着したままの手を口や鼻に持っていくことなので、手洗いが重要。

  • ウイルスはアルコールに弱いので、特に「アルコール洗浄液による手や顔の消毒」は有効(石鹸による念入りな手洗いも有効)

  • 濃度70%以上のアルコール洗浄液による消毒が有効

  • 感染者のくしゃみやせきによる飛沫感染で広がる怖れがある

  • 一般的なマスクは飛沫に付着したウイルスを防ぐのには役立ちますが、ウィルス自体の吸入防止としての効果は気休め程度(マスクの目は粗くウイルスはすり抜ける)

  • ただし、感染者がマスクをしていると、感染者自身のくしゃみやせきで他人を飛沫感染させるのを防ぐ効果は期待できる

  • マスクが無いときにくしゃみやせきが出そうになったら、ティッシュやハンカチ、二の腕などで口や鼻をカバーする「せきエチケット」を!
IMG_0021
(画像は、神戸新聞NEXTより)

また、これまでの海外での発症者のうち重篤な状態になった方には、高齢であったり、既になんらかの病気を患っていたりといった傾向があるようです。なので、そのような方は特に注意してください。

加えて、勤務環境などにもよりますが、できるだけ睡眠不足にならない生活スタイルや栄養のある食事を心がけると、免疫力が高まってインフルエンザ同様、感染しにくいようです。


電車通勤の場合、不特定多数の方が触る手すりやつり革をもつこともあるでしょう。なので、できれば濃度70%以上のアルコール洗浄液をアトマイザー(化粧や香水などを入れるスプレー付容器・100均でも販売しています)に入れて、持ち運び、電車から降りた後や外出から戻った際に手や顔を消毒されることをお薦めします(繰り返しになりますが、石鹸による念入りな手洗いも有効です)。

マスクやアルコール洗浄液は店頭で売り切れになっているお店もありますが、洗浄液については別棚に置いている場合もありますので、お店の方に尋ねると見つかるかもしれません。

なお、新型コロナウイルスによる感染症についての正確な情報は、内閣府や厚生労働省、埼玉県などの公的機関を必ずご参照ください。

◆ 内閣府

◆ 厚生労働省「新型コロナウイルスに関するQ&A」
 
◆ 埼玉県「新型コロナウイルスに関連した肺炎について」

埼玉県新型コロナウィルス


まだ日本での爆発的な感染はないものの、注視していきたく思います。