暑い夏が続いています。

こうも暑い日が続いていると熱中症が心配になりますが、先日、インターネットで警視庁のツイッター発信が話題になりました。

(ご飯を食べながらこの投稿を見ている方、ごめんなさい)

警視庁がツイッターで発信したのは、厚生労働省発信のものでしたが、尿の色で脱水状態がわかるという内容でした。

FullSizeRender

私は先日、かじや町公園のチビっ子プールの監視人を終えて、自宅に戻った時に、下から2番目の色でびっくりしたばかりでしたので、警視庁のツイッターにはなるほど!と思いました。どうぞ、皆様も脱水状態をチェックして、水分補給をしてくださいね。


ところで、本日、戸田市教育委員会がFacebookページで、「熱中症対策に効果的なのは手のひらを冷やすこと」という情報を発信されていました。

首や脇を冷やす方が多いですが、手のひらには体温を調節するAVA(動静脈ふん合)という血管があって、その血管を冷やすことで血液の温度が下がり、体の中心部の温度が高い下がり、熱中症予防につながるそうです。

FullSizeRender

これも経験上わかります。確かにそう!

大型台風が迫ってきてはおりますが、厳しい暑さも続いています。どうぞ、身体の状態を把握しながら、熱中症にならないようお気をつけください。