7月7日に戸田市上戸田10町会地区を対象に行われた水害避難訓練の様子が戸田市ホームページで紹介されています。

戸田第一小学校を会場に行われた訓練。

危機管理防災課を中心とした市の職員さんたちは、8時前から体育館で設営準備。私も早く来たのでお手伝い。8時30分には各町会の自主防災組織スタッフや役員が集まり、説明を受けてそれぞれの持ち場に分かれて行きました。

私が属する鍛冶谷町会(かじやちょうかい)の担当は、校舎の入口の中。ここで参加者を三階に向けて案内する係でした。

午前9時半に、まず最初の案内。歩行が難しく手伝いが必要な方(事前に市や町会に助けの申し出要請を申し出ておられる「お願い会員」)を手助けできる町会の方(お助け会員)が迎えに行き避難場所まで連れてきたり、早く移動できない高齢者の方が避難されたりする合図でした。

私もお助け会員として、お助け・案内をやりました。校舎にお連れした時に市の広報の方に写真を撮られまして、それは市の報告ホームページの最初の一枚に後ろ姿が掲載されています。

ついで、10時に次の案内。この案内で一般の方が避難活動を開始されました。

避難訓練は、各ポイントを回るスタンプラリーにもなっていて、三階でまず最初のスタンプ、その後、体育館に移動して体育館内の各ポイントにある展示や体験イベントに参加しながらそれぞれの場所でスタンプをもらう形式でした。

全体を通して、よく考えられた啓発訓練だったと思います。


ところで、戸田市にお住いの皆さま、もし荒川上流に大雨が降って、荒川が氾濫ということになった場合、戸田市は残念ながら全市水没という予測が出ています。そのため、市内各所にある電柱のいくつかには、この辺りはこのくらい水没する可能性があるということを示した表示がなされています。

電信柱には文字と赤いテープで表示しておりますので、お近くの電信柱をチェックしてみてください。

IMG_0203
IMG_0202



戸田市上戸田地域水害避難訓練の様子

FullSizeRender