本日は、戸田市議会議員を対象とした「普通救命講習会」が戸田市新曽にある戸田市消防本部で行われました。

IMG_7302


もし、道を歩いていて、目の前で人が倒れた(倒れていた)場合、

  1. 周囲を見渡し「交通安全確認」をする
  2. 倒れている人の方を叩きながら「大丈夫ですか?」と3度声がけする

  3. 反応が無い場合、周囲の人を呼び、最初のひとには「意識がありません。あなたは119番通報してください」次の人には「あなたはAEDを持ってきてください」と指示する。誰もいない場合は、自分で119番通報し、電話先の指示に従う。ちなみに戸田市では、市内のコンビニ全てにAEDが設置されている。

  4. 倒れている方の胸と腹を6秒ほど目視して通常の呼吸が行われているかどうか確認する。

  5. 通常の呼吸でない場合、すぐさま胸骨圧迫による心肺蘇生と(可能なら)人工呼吸にとりかかる。胸骨圧迫の場所は胸の乳首と乳首の間のあたりで、成人の場合5cmほど沈むくらい、手を胸に密着させながら(隙間がうまれないよう)1分間に100回くらいのペースで行う。30回やったら2度人工呼吸を施し、再び胸骨圧迫を行う。

  6. AEDが到着すると、持ってきた人に「あなたAEDを扱えますか」「あなた胸骨圧迫できますか」と尋ね、できる場合は手助けしてもらい、できるだけ胸骨圧迫を続けながら、AED装着に取りかかる。

  7. AEDの蓋をあけると、音声によるガイドが始まるので、そのガイドに従いながら、AEDを倒れている人に装着する。AEDのパッドを貼り付ける肌が濡れている場合は、うまくAEDが通電しない場合があるので、肌の濡れた部分を拭き取る。

  8. AEDが自動的に心電図を読み取り、必要に応じて電気ショックを与えるので、音声ガイドにしたがって動く。

  9. 電気ショックを与えたあと、音声ガイドに従って、今一度胸骨圧迫と人工呼吸を続ける。

  10. 2分ほどすると、再びAED装置は心電図を読み取り、必要に応じて電気ショックに移る。全て音声ガイドに従う。

  11. 救急車が到着し救命士に引き継ぐ。その際、AEDによる電気ショックが何度行われたかを救命士に伝える。ちなみに電話で119番通報してから現場に救急車が到着するまでの時間は約8分である。
IMG_8962

本日の市議会議員を対象とした救命講習会、一昨年もやったのですが、必要なことは何回もやるべきだという考えからの実施です。

市議会議員25名中、15名が参加いたしました。
ちなみに、これは議員互助会事業であり、参加は任意です。

・令和会   5名中5名参加(伊東・山崎・斎藤・峯岸・林)。
・みらいの会 6名中3名参加。
・戸田の会  4名中2名参加。
・公明党戸田市議団   4名中2名参加。
・日本共産党戸田市議団 4名中3名参加。

上記の手順や必要な知識については、WEB上で学ぶことができます。

ぜひ、トライしてみてください。