昨日開催された戸田市国際交流協会の国際理解委員会が主催される「外国人向け日本語教室」を見学いたしました。

IMG_8756


公益財団法人戸田市国際交流協会は、その名の通り戸田市の国際交流や戸田市に暮らす・戸田市を訪れる外国人の方へのサポートを行う機関として重要な団体です。ここに5つの委員会が設置され、ボランティアスタッフの方々を中心に国際交流を進める活動がいろいろと進められています。

私は今期、戸田市国際交流協会の評議員を務めていることもあり、また戸田市のこれからの国際交流や外国人サポートを考える上でも、今どんなことが行われているか、現場を知ることが重要と考え、今月よりいくつかの活動に参加しております。

昨日、見学した日本語教室では、まずボランティアで指導にあたる方々の熱意と配慮に頭が下がる思いでした。また、その指導のやり方も、受講生のレベルに合わせてグループ分けされており、戸田市での暮らしに必要な実践的な内容だったことに感心しました。

クラスは受講生の語学レベルに合わせて、初級・中級・上級に別れます。そして、その中でもさらに細かくレベル分けされていて、習熟度に合わせて分けられていました。

初級のAクラスは、まだ日本語がよくわからない方を対象としたクラス。日本で暮らしていくときに最低限必要となる基本的な会話の練習です。

IMG_8761

IMG_8762


Aクラスはさらに3つのグループに分けられていましたが、あるグループでは「どうぞ!」「ありがとう」という会話の練習がいろいろと物を変えながら行われていました。

IMG_8773

中級のBクラスでは、戸田市で暮らしていくときに必要となる実践的な会話や言葉の理解の練習。

昨日はさらに3つのグループに分けられて、あるグループでは「美術展示が行われている場所で様々な様子を見せる人たちの絵」を見ながら、「・・・ないでください」「・・・てはいけません」といった説明を練習していました。「物を食べないでください」「床に座ってはいけません」などです。

IMG_8774
IMG_8775

また、あるグループでは、会場のさくらパルから戸田公園駅にかけての地図を前に、お店の場所や目的の場所に向かう行き方を説明する練習が行われていました。

IMG_8763

さらに別のグループでは、災害時に持ち出す「貴重品」や役立つ「防災用品」について説明する練習が行われていました。

上級のCクラスでは、日本人でも慣れるまで戸惑うこともある「尊敬語・謙譲語・丁寧語」について、学んでいました。

IMG_8772

この日本語教室は週2回開催されています。教えるボランティアの方々を育てようとする講座も年に数回企画されており、日本語指導に関心のある方にはぜひ参加いただきたいと思いました。

ご関心のある方は、公益財団法人戸田市国際交流協会の国際理解委員会にお問い合わせください。

◆公益財団法人戸田市国際交流協会

◆戸田市国際交流協会日本語教室Facebook