関東も梅雨入りし、そろそろ夏の局地的大雨災害が心配になる季節に。

ところで、昨今の異常気象を受け、この度、水害・土砂災害災害に関して市町村が出す避難情報と、都道府県や国が出す防災気象情報の段階が5段階に再整理されました。

市町村が出す避難情報については、

警戒レベル3で、高齢者など避難に時間を要する人は避難!

警戒レベル4で、全員避難!

という方針になりました。ちなみに警戒レベル5は「既に災害が発生している状況」になります。

戸田市では、
・防災無線
・市のメールマガジン「いいとだメール(事前登録が必要です)」、
・tocoぷり(事前にスマホにアプリをダウンロードし、利用者登録をしておくことが必要です)
・Yahoo!防災速報(事前にスマホにアプリをダウンロードし、利用者登録をしておくことが必要です)

などで、避難情報などを発信します。

私は上記の他に、「NHK NEWS 防災」アプリをスマホに入れています。

避難する場所は、まずは水害・洪水被害の際の一時避難場所に指定されている地域の公共施設へ。そして、そこへの避難が間に合いそうになかったら、町会や自治会毎に避難協定を結んでいる地区内の高層住宅にお逃げください。

災害はいつ来るかわかりません。また、大規模災害の場合、自治体は全体の被害情報を把握したり、国や県との連絡を取り合ったり、各避難所に職員や連絡員を派遣したり、災害技の支援に関して協定を結んでいる事業所と連絡を取り合ったり、などなど自治体でないとできないことに専心しますので、市民の皆さんの命を守るのはまず自分であり、そして町会や自治会の自主防災組織を含む「地域力」であることをご理解ください。

ですから、まだ町会や自治会に加入されていない方は、安心安全対応という観点からも、町会や自治会にお入りください。

大規模災害発生時に、戸田市ではひとりの死者を出さないことが目標です!どうぞご協力ください。

FullSizeRender

FullSizeRender