戸田市内で15日にまた特殊詐欺被害が出てしまいました。70歳の女性がキャッシュカードとクレジットカードを暗証番号を書いた紙とともに持ち去られ、264万円盗まれてしまいました。


かつて手口を紹介したことがありますが、最初に「キャッシュカードが不正利用されている」という電話がかかってきて、その後、金融機関職員を名乗る者がやってくるのです(今回は金融庁職員を名乗ったそうですが)。その職員は詐欺の被害の多さを言葉巧みに話しながら金融機関でのカードのチェックを勧め、自分は決してカードを預からないからと言いながら、金融機関に持っていくための袋と用紙を提示し、その用紙にカードの暗証番号を書かせて、カードともに本人に袋の中に入れさせて封をさせるのです。


そして、(ここからが騙しなのですが)封緘が必要なので判子を持ってくるように言うのです。大抵の場合、手元に判子は置いていないので、判子を取りに一瞬席を離れます。その時に、犯人はあらかじめ用意しておいたキャッシュカードらしきものが入った偽の封筒と本物を入れ替えてしまうのです。


席に戻ってきた人は、ニセの封筒を本物だと思って印鑑を押して、そのまましまいこみます。


犯人は本物を手にして立ち去り、カードと暗証番号をもとにお金を引き出すという手口です。


今回もそのような手口でやられてしまいました。この手口が流行しているようです。周りの方にもお知らせしてください。


https://this.kiji.is/501573016762532961