久々の戸田市政策研究所本が4月15日に発刊されます。

タイトルは「共感される政策をデザインするー 公民連携による戸田市の政策づくりと教育改革 ー」

戸田市役所の職員さんの政策形成力を高め、エビデンス(根拠たるデータ)に基づいた政策企画や政策研究を行うことを通して、市民が住みやすいまち・戸田市の実現に役立てようと、10年前に神保国男前戸田市長が設立した自治体シンクタンク「戸田市政策研究所」。

これまで10年間の歩みの中で、施策化や事業化を前提とし短い期間で結論を出す研究事業20件、数年間かけながらじっくりと戸田市にとって役立つ研究事業11件を実施し、戸田市のまちの方向性に役立つ成果を着実に出し続けてきました。

現在、他の自治体からの戸田市への視察は多く、特に産官学民連携の中でトップレベルの公教育を実現する戸田市の教育、質の高い教育を力に共感される政策づくりを行う戸田市政策研究所への視察希望はとどまるところを知りません。

そんな戸田市政策研究所の取り組みと戸田市の教育改革の概要がこの書籍でわかりやすく説明されています。


<書籍の紹介文>

 なぜ、戸田市に全国から視察が殺到するのか?
 公民連携のトップランナーである戸田市の取組みを紹介!
  • 多くの調査研究結果を事業に結び付けてきた、自治体シンクタンク「戸田市政策研究所」と、業界新聞で度々特集されるなど、先進的な教育改革で注目を集める戸田市教育委員会の取組みを紹介。
  • 「定住人口の獲得」に向けたシティプロモーション成功の秘訣とは?人口を増やし、市民から共感を得るためのまちづくりのプロセスについて解説。

  • 産官学民の知のリソースの積極的な活用や、新しい学びのための「PEERカリキュラム」(プログラミング教育、英語教育、経済教育、リーディング・スキル)等の推進など、大胆かつ斬新な教育改革について紹介。

  • 「公民連携」の理論部分についても詳しく解説。さらに大学や民間企業、外部機関との共同研究の事例も公開し、これからのまちづくりに活かせるヒントが満載です。
<目次>

    第吃堯/焚宗深化する「公民連携」の在り方
        競争と共創の「公民連携」の可能性
        〜公民連携の定義や背景等の検討〜
        関東学院大学法学部准教授 牧瀬 稔

            1 注目集める「公民連携」
            2 公民連携の定義
            3 公民連携の具体的な手段
            4 公民連携は手段か目標(目的)か
            5 公民連携が進む背景
            6 政策が減れば公民連携は……
            7 競争と共創の土壌となる「公民連携」
 

   第局堯 峩Υ供廚鮓討崟策づくりと戸田市の教育改革

        第1章 自治体シンクタンク「戸田市政策研究所」の軌跡
        〜「共感」が高まる政策づくりの仕掛け〜
        戸田市政策研究所

            1 戸田市ってどんなまち?
            2 政策研究所の概要
            3 調査研究機能
            4 政策支援機能
            5 これからの時代を見据えて

        第2章 人を呼び込み定着させるシティプロモーション
        〜「競争」から「共感」、そして「共創」へ〜
        戸田市政策研究所

            1 まちの魅力・課題を徹底分析
            2 これまでのシティプロモーションの効果
            3 新たなシティプロモーションの動き
            4 「共感」そして「共創」へ

        第3章 戸田市の教育改革の取組
        戸田市教育委員会

            1 戸田市の教育改革
            2 新たな学びの推進
            3 アクティブ・ラーニングの推進のための戸田型授業改善モデル
            4 その他の分野における産官学民連携
            5 今後の展望

    第敬堯仝民連携による共同研究事例

     第4章 若年層の「まち意識」の実像とその孵化育成に向けたアプローチ―2015年・2016年共同研究「戸田市における20代・30代の若年層の居場所に関する研究」から
        目白大学 高久聡司・大西律子

            1 「若年層の居場所」研究の実施の背景・目的
            2 若年層の「まち意識」の把握に向けて
            3 戸田市の若年層にみる「まち意識」とは?
            4 若年層向けSAFITガイドライン(中軸編・補完編)
            5 本研究の知見と若年層の「まち意識」の孵化育成に向けたアプローチ

        第5章 シビックプライドの分析手法
        読売広告社 R&D局 局長代理
        ひとまちみらい研究センタープロデューサー 上野昭彦

            はじめに
            1 読売広告社のシビックプライドへの取組
            2 シビックプライドの構造
            3 戸田市と読売広告社の共同研究

        第6章 「住民がつくるおしゃれなまち」に向けた戸田市・日本都市センターの共同研究
        〜戸田公園高台広場におけるイベント(実証実験)をきっかけとしたまちづくりの展開〜
        公益財団法人日本都市センター研究員 睫醉戯
 
           1 はじめに 研究の経緯
            2 共同研究における調査・議論
            3 イベント実施に至る経緯・検討過程
            4 実証実験における調査
            5 考察


★「共感される政策をデザインするー 公民連携による戸田市の政策づくりと教育改革 ー」

 牧瀬稔 戸田市政策研究所 戸田市教育委員会 編著
 平成31年4月15日発売開始
 定価 1944円(税込)
 Amazonでは予約受付中(4月3日時点)となっています!

ぜひ、お読みください!

共感される