「12歳のハローワーク」

戸田第一小学校では、児童の興味・関心を重視して「総合的な学習の時間(ひびきの時間)」を使って、これまでキャリア教育を展開してきました。

これは、児童に望ましい勤労観・職業観を身につけさせるとともに、自己の個性を理解し、主体的に進路を選択、決定する能力、態度を育成することを目的とした教育で、「12歳のハローワーク」という名称で毎年実施しています。

今回開催された「12歳のハローワーク」は、キャリア教育の推進を図りながら、「なぜ勉強しなければならないのか」「現在学習していることが将来、どのように役にたつのか」ということについて、実際の社会人である保護者や地域の方々にインタビューするという形態で学習し、考えを深める機会とするものでした。

どんな職業の人にインタビューするかについては、子ども達から希望がでます。

今回は19種類の職業・・・アナウンサー、看護師、イラストレーター、歯科医、公務員、警察官、美容師、ツアーコンダクター、テレビカメラマン、消防士、モデル、銀行員、寝具店店長、写真店店長、保育士、農家、アニメーター、航空会社関係者、議員がリクエストされました。

私も日頃、学校のボランティアなどでよく出入りする機会が多いこともあってか、リクエストをいただき、インタビューを受ける側として初めて参加いたしました。


IMG_0369

集合時間に合わせて、戸田第一小学校に到着すると、担当の六年生児童Eくんが出迎えてくれました。そして、控え室(図工室)に案内くださいました。

机の上には、なんと手作りのメッセージがあるではないですか!

とても嬉しくなりました。これは参加者ごとに違う内容とイラストが書かれていました。

IMG_0366

IMG_0365

IMG_0367

時間になり、私はE君の案内で、皆が待つ体育館へと行きました。そこでは、19ヶ所にブースが設けられ、挨拶のあと、私たちは各ブースに別れて座りました。

その後、4つのグループがそれぞれ15分間ずつ周り、計60分のインタビューを受けることになったのでした。


私は当初、どんなことを尋ねられるのだろう?とドキドキでした。

市議会議員の仕事については聴かれるだろうと思っていましたが、子ども達にどう話せばわかりやすいだろうかとここ数週間ずっと考えていました。

実際には、市議会議員の仕事についての説明は、私自身の自己紹介で話すことになり、その後は子ども達から様々な質問を受けました。

ドキッとする鋭い質問もありましたよ。ふふふ。もちろん、正直にお答えしました。

それにしても、どの子ども達も真剣で、関心を強くもっているようでした。今日の子ども達の中から、将来市議会議員を目指す子どもたちがでてくるととても嬉しいです。

今日の「12歳のハローワーク」企画に参加したことで、おじさんはますます戸田市のこどもたちのことを大切にしたいと思う気持ちが強くなりましたよ。その気持ちは市議会議員としての仕事の中で活かしていきます!

関係者の皆さま、参加してくれたこどもたち、ありがとうございました。