上戸田地域交流センターあいパルで明日2月3日まで開催されている「みんなの防災DAYS」。一階で展示されているパネル展&防災用品展は具体的でためになります!

一階中庭の入口から入ると、そこに広がっているのは、防災用品の中でも災害非常食。

IMG_0208


その周辺には、避難袋の中に入れておきたい女性のための用品や非常用にできれば備えておきたい便利グッズの数々でした。

IMG_0274


IMG_0207
IMG_0210
IMG_0211
IMG_0212
IMG_0213
IMG_0214


また、中庭からの入口から見て防災グッズを展示している台の左手側壁には、防災に関して知っておきたいことがパネル展示されていました。

IMG_0209


そこを過ぎて奥まで行くと「防災ポーチ」という企画展示がありました。これはいつどこで遭遇するかもしれない災害を想定して、日常持ち歩いておきたいグッズを確認するものです。

IMG_0276

IMG_0275
IMG_0277
FullSizeRender
FullSizeRender


その右手には、大規模地震発生の時に必要となる「災害用トイレ」についての映像説明と展示がありました。

戸田市にはマンションが多いですが、大規模地震が発生した時には、トイレの配管が壊れてしまうことがあります。それを確認せずに汚水を流すと下の階の家に汚水が流入し、とんでもないトラブルになることがあります。

その時に必要になるのが組み立て型の防災トイレです。このコーナーでは、映像によるシミュレーションに加え、配管が壊れているかどうか確認するためのグッズや防災トイレそのものの展示がありました。

IMG_0221
IMG_0225


またそのそばにあるパネルには、防災に役立つ書籍の紹介がありました。いくつかの書籍はあいパル二階にある戸田市立図書館上戸田分館で貸出を受けることができます。そのリストもありました。また、防災に役立つと全国的に評価されている東京都の書籍「東京防災」も紹介されていました。ちなみに「東京防災」はあいパルの窓口で1冊140円で販売されています。

IMG_0232
IMG_0233
IMG_0224
IMG_0235
IMG_0273

また、新聞紙で作る非常用スリッパの作り方説明もありました。

IMG_0281
IMG_0279
IMG_0278
IMG_0280
IMG_0282


このあいパルでの展示は明日までです。

自治体の防災の考え方は、自分で自分や家族の命を守る「自助」、地域の助け合いで命を守る「共助」、自治体が災害対応を行う「公助」の順で考えていただきたいというものです。

いざという時に、自治体は自治体でないとできないことを優先して行います。なので、日頃から「自助」、そしてご近所との関係を深めて「共助」を重視くださるようお願いするものであります。