正月も2日目になりました。皆さま、いかがお過ごしでしょうか。

私は昨年、親が施設に入居しまして、この年末年始は介護帰省しています。

普段は別々に暮らしていても、これまでは年末年始にはできるだけ帰省して、大晦日は一緒に年越しそばを食べ、新年はおせちをつまみながら一緒に過ごしておりました。

施設に入ると、自分たちで調理はできない、入居者以外は泊まれない等ということで、一緒に年を越すことはできません。

それが親が施設に入るということなのだと実感する年末年始でありました。

なので、今回の私の帰省は、別に宿をとって施設に通うという帰省になっています。

家族での団欒のありがたさ、それは失ってみて実感するものですね。そしてそれは突然やってきます。私も昨年の年末に帰省した時は、母に妄想症状が時折出ていたものの、その数ヶ月後に親が自宅を処分して施設に入ることになるとは全く予想していませんでした。

昨日の元旦は、施設に獅子舞がやってきてくれました。皆は大喜び。地域の方々の温かさ、ありがたかったです。

IMG_9140

IMG_9137

IMG_9139


今年は、身近にあって普段は当たり前のように感じていることの中に、大切なものはいくつもあるのだということを考えながら、仕事に、普段の生活にあたっていこうと思います。

本年もどうぞよろしくお願いいたします。