感性に訴える広告ややり方が得意な関西。自転車の通行は道路交通法では左側通行になっていますが、京都市では道の右側の電柱にこんな注意バナーが貼られております。

IMG_8862

いくつもの電柱に大きく掲示されているので右側通行していたら気づきます。

こんな工夫、戸田市でも採り入れることできるなと思いながら見ていました。


現在、戸田市の再来年度からの10年間の方向性についての計画「戸田市第5次総合振興計画」を作っていく協働会議が11月から開催されています。

9ヶ月かけて計画を作っていくもので、戸田市自治基本条例に基づきながら、市民・議会・行政が一緒になって「協働」しながら進めております。私は議会からの選出委員のひとりとして参加しています。

12月に行われた協働会議からは、それぞれの専門性を活かす形で4つの部会に別れて議論する形式になっていて、私は防災、防犯、交通安全、消費生活などを扱う部会に参加することになりました。

12月に行われた協働会議では、現状の問題点などが各委員から出されましたが、その中で交通安全については、特に自転車マナーに問題があることが複数の方から指摘されました。

あまりにも自転車の逆走が多いという指摘です。しかも、それが違反であるという認識がないということでした。

もしかすると京都市のように道路の右側を逆走している時に気がつく場所にお知らせがあったら、右側通行はだめなんだ、危ないんだと気づく方が増えるかもしれません。

ちなみに、京都市内の新京極にはアーケード商店街でのルールをお知らせするこんな掲示もかつてありました。

IMG_8926

路上喫煙禁止
ポーズを決めてもだめ

笑いを含ませる関西らしいです!