油圧機器メーカー大手のKYBと子会社が製造し、性能検査記録データを改ざんした免震・制振装置の問題、戸田市庁舎も該当しているという報道がありました。😓 詳細についてはさらなる発表を待ちます。

以下、埼玉新聞17面記事。

戸田市役所も免震装置使用
担当「早く説明を」

油圧機器メーカーのKYBによる免震・制振装置のデータ改ざん問題で17日、県内の自治体でも装置の導入が明らかになった。戸田市役所は3年前に庁舎の免震工事が完成したばかりで、対象の免震装置ダンパーが使われていると分かった。戸田市役所で担当する資産経営室の五條宏室長は「午前中の県庁からの連絡でうちで問題のダンパーが使われていることを初めて知った。KYBや施工業者から全く連絡は無い。早く明快な説明を求めたい」と驚きと怒りを隠さない。

基礎部分の22箇所にゴム製の部品で建物を支える形にした上で、東西南北の基礎部分4カ所にゴムによる建物の揺れを制御するための油圧式ダンパーを組み込んだ。地下を掘る大掛かりな工事で、電気設備などを含めた総工費は38億6500万円。このうち免震工事に関する部分は23億7300万円を占めた。

五條室長は「費用負担はメーカーと施工業者の責任で、早急に対応してもらうよう、これから正式に申し入れをすることになる」としている。