明日、6月30日、戸田市上戸田氷川神社で「夏越(なごし)の大祓(おおはらい)と茅(ち)の輪くぐり」という神事が行われます。

どうぞ上戸田氷川神社にお立ち寄りください。

IMG_9932

IMG_9933

IMG_9913

IMG_9926


IMG_9885

古来、我が国では、人は知らず知らずのうち罪や穢れを犯し、心身が穢れてしまうと考えられていました。そこで罪や穢れを祓い清めるために毎年6月と12月に「大祓」という神事が行われていました。これは平安時代に編纂された「延喜式(えんぎしき)」という書物に記されています。


特に6月の「大祓」は「夏越の祓い(なごしのはらえ)」と呼ばれ、大祓詞を奏上し、茅の輪をくぐり、夏の厳しい暑さや悪疫を追い払い「人形(ひとがた)」に罪や穢れを移し祓い清めると、心身に活力がよみがえると伝えられています。