現在、戸田市議会6月議会定例会が開催されています。

明日、10時より行われるのは、市長に対する総括質問。

先月、5月23日に行われた市長の「所信表明」に対して、戸田市議会の各会派が行う質問に対して、市長が答えます。

今年度の戸田市政は、3月議会で発表された施政方針と議会承認された平成30年度予算に基づいて行われますが、来年度以降については、新市長の方針が議会に議案という形で提示され、議会で議決されたものが実行されることになります。

新市長の所信表明は「自分の任期中はこのような方針で市政を行いますよ」というものです。明日、行われる総括質問は、その内容について具体的に市長に問うものです。

質問できるのは会派単位です。会派というのは「思想信条や政策が近い議員が集まってつくるグループ」で、国政における政党とは違います。

現在、戸田市議会には6つの会派があります。

・みらいの会(6人)
・平成会(5人)
・公明党戸田市議団(5人)
・戸田の会(5人)
・日本共産党戸田市議団(4人)
・無所属(1人)

明日の総括質問では、この6つの会派がそれぞれ質問を行います。

どのような質問が予定されているかは、戸田市議会ホームページに事前通告されていますので、ご参照ください。

なお、私が属する会派「平成会」では、次の内容を事前通告しました。

  1. 3月25日執行の市長選挙について
  2. 戸田を前に動かしていくことについて
  3. 「正直」に徹する姿勢について
  4. 教育改革について
  5. 「異次元の待機児童対策の推進」について
  6. 「エコノミック・ガーデニング」について
  7. 総合的な高齢者対策について
  8. 最優先に取り組む防災対策について
  9. 市職員との関係づくり、財政運営と行財政改革について
  10. 戸田の創造について

詳しい内容については、明日の議会でのお楽しみというところですが、特に3に関しては、新市長にとって答えづらいかもしれません。しかし、いずれも戸田市の今後にとっては重要な内容です。

平成会は5番手ですので、14時半前後からの登壇になるかと思います。

明日の結果については、報告いたします。


ところで、議会での質問については、どんなことを尋ねるのか事前の締切日までに「通告」することが義務づけられています。

他の議会によっては「質問」と「答弁」の全てが事前に打ち合わせされ、議場ではその原稿を読み上げるだけというところもありますが、戸田市議会の場合は「一問一答形式」が採用されており、事前打ち合わせで決まるのは基本的に「最初の質問とそれに対する答弁」で、再質問は自由にできるようになっています。

場合によっては、議員が自分の希望する答弁を最終的に引き出すために、再質問で行う内容とその答弁についても、事前調整する場合があります。また、市長や担当部局から再質問の内容を事前通告するようお願いされる場合もあります。

再質問は議員の権利ですので、その内容を事前に知らせるかどうかはケースバイケースで、議員の判断に任されます。

私は今回、6月11日(月)に一般質問いたします。2番手ですので、午前11時前くらいからだと思います。もちろん、再質問もいたしますので、ご注目ください。

明日の様子を含めて、議会傍聴できますし、またインターネット中継もされます。お仕事のある方は被ると思いますが、録画映像も後で公開されますので、ご注目ください。

戸田市議会ホームページ
http://www2.city.toda.saitama.jp/gikai/index.asp

スクリーンショット 2018-06-06 21.46.47