今日は4月10日。毎月10日は朝8時から後谷公園と市役所南通りの清掃日です。


2009年から活動を続けている「市役所南通りの景観と文化を育む会」が主催。お仕事優先、プライベート優先のゆるーい感覚で今日まで毎月清掃活動を続けてきました。


IMG_5921


IMG_5920


市役所南通りの景観と文化を育む会のもともとは、後谷公園改修計画に携わった市民が集まってできた団体です。


神保国男・前戸田市長の「パートナーシップのまちづくり」の方針のもと、従来なら戸田市主導で進められる後谷公園改修計画の策定作業が、市役所南通り近隣に住む戸田市民も参加する委員会を設置して進められました。後谷公園東南の交差点に面する所に出入口が作られ、ちょっとしたイベントができるステージスペースが作られたのも市民委員からの要望が実現した結果でした。


当時、私も市民の一人としてこの委員会に参加していました。そして、後谷公園改修がなった時に、せっかく戸田市がこの公園を綺麗に整備してくれたのだから、後は近隣に住む私たち市民がこの場所を景観の美しい場所にしていかないと!という思いのもとに集ったのが、市役所南通りの景観と文化を育む会の始まりでした。


あれから9年。現在は二代目会長となる若くて元気な阿部あゆみ会長のもと、「毎月10日の清掃活動」に加え、震災被災地応援コンサートをはじめとする「後谷公園街かど広場での音楽コンサート」、9月最終日曜日に戸田市役所西側で開催される上戸田ゆめまつりに同時開催となる「移動動物園」、上戸田商店会のイルミネーション点灯式への協賛など、後谷公園と市役所南通りが景観に美しく、また皆が集う居心地の良い場所になるよう活動を続けています。


現在の会員数は38名。いろいろな職業の方が参加しています。 


本日も綺麗になりました。相変わらず煙草のポイ捨てが多いのが悩ましいところですが、会員は年々増えているのがありがたいです。 


IMG_5922





地域に関わることで、その地域を大切にしたい思いが湧いてきて、人との繋がりも深まり、居心地がさらに良くなっていく、そして地域を大切にしたい気持ちがさらに高まっていく、そういった気持ちを「シビックプライド」と言います。


この戸田市のこれからのまちづくりの課題のひとつは、そんなシビックプライドを市民の方々にどのようにしてもっていただくかということです。市民意識におけるシビックプライドの醸成は既に昨年から戸田市のまちづくりの方針に位置付けられています。



私は今年3月の戸田市議会でこの「シビックプライド」を一般質問でとりあげました。


現在、戸田市では、自治体が運営するシンクタンクとして全国的にも注目されている戸田市政策研究所と日本都市センターが「おしゃれで魅力あるまちという戸田市の将来ビジョン」「シビックプライドの意識」「シビックプライドを生み出す『市民参加』という要素」をテーマに、戸田市のまちづくりの進め方について共同研究を進めています。


そして、既にその共同研究を受けての施策やイベントもこの戸田市で実施されています。



与えられるだけでは育たず、参加することでより深まる絆と居心地の良さ感。私はこれからもこれら「おしゃれで魅力あるまちという戸田市の将来ビジョン」「シビックプライドの意識」「シビックプライドを生み出す『市民参加』という要素」という観点からの戸田市のまちづくりについて、議会で取り組んでいきます。これからも報告させていただきます。