戸田市民の安心・安全を高めるために、防犯活動に取り組んでいる戸田市です。

平成14年に埼玉県でワースト1だった刑法犯認知件数も、町会・自治会、戸田市職員、警備会社に委託している民間交番、警察官OB、協定を結んでくださった企業や団体の方々によるパトロール強化等によって、昨年ついにワースト10を脱却しました。

私も昨年の6月議会の一般質問で「戸田市の防犯」について採り上げ、町会・自治会ごとの防犯マップの作成や防犯パトロールの強化、防犯カメラの設置などを要望いたしました。

なお、戸田市では昨年度9月より町会・自治会が防犯カメラを設置する際の補助制度がスタートして(3台まで補助の対象)、刑法犯認知件数もますます低くなってきております(昨年度申請されなかった町会・自治会に対しては、今年度受付を行います。予算はついております)。

IMG_5499
(鍛冶谷町会に設置された防犯カメラのひとつ)


ただし、戸田市の刑法犯認知件数は低下しているものの、「いいとだメール」に登録し、戸田市の犯罪発生情報・防犯情報を受信されている方のところには、痴漢や変質者、不審者による子どもへの声がけ、振り込め詐欺などの情報が、最近もよくお知らせされてくるという実感があると思います。

特に、振り込め詐欺については、その手口が年々巧妙になってきております。自分は大丈夫と思っても、つい騙されてしまう方が後を絶ちません。


広報戸田市4月1日号では「安心して暮らせるまちを目指して」という特集が組まれました。

豊かな市民生活は、まず安心・安全がベースになくてはなりません。

市民の方々のご協力も必要です。皆の力でこの戸田市をさらに安心・安全なまちにつくっていきましょう。

そのためにも、広報戸田市4月1日号特集「安心して暮らせるまちを目指して」をお読みいただくとともに「いいとだメール」にご登録ください。

https://www.city.toda.saitama.jp/soshiki/154/joho-e-toda-mail.html


広報戸田市2018年4月防犯-1

広報戸田市2018年4月防犯-2