「保育関連費が増 戸田市18年度予算案」という見出しが新聞報道されました。

明後日2月1日木曜日から、今年最初の戸田市議会が開会いたします。今回の議会は、4月からの新年度の戸田市当初予算を決議する「予算議会」となります。

先週の木曜日に、市議会議員には今議会に提出される議案の事前説明が行われ、主な予算案が示されました。4月から一年間の施政方針については、2月6日(火曜日)の議会で明らかにされます。

今回、提示されている当初予算案は、一般会計が502億7800万円。前年度比0.5%増となります。

戸田市は昨年より待機児童を3年間で1200人の保育定員増を実現し、待機児童を0にしようという目標をたて、施策を進めてきました。平成29年度の保育関連予算は62億円で保育定員240人増を実現、2年目にあたる平成30年度では保育関連予算を10億円増の合計72億円とし、保育定員540人増を実現いたします。また、平成30年度の予算72億円には、保育に携わる方の待遇改善支援や保育人材獲得のための予算も組み込まれています。

今回の予算案には、私が昨年9月議会一般質問で提言した「コミュニティ・スクールの運営にかかわる人材の待遇改善」も盛り込まれました。ありがたいかぎりです。


その他、戸田市平成30年度当初予算につきましては、改めて報告させていただきます。戸田市内のどんな事業に予算がつくのか、新たに始まることは何なのか、予算をみると新年度の戸田市の姿が浮かんできます。

どうぞ、2月1日から始まる戸田市議会にご注目ください。

IMG_3491