神戸市の市議会議員が政務活動費を不正流用していたことが発覚した事件(関連した市議達は辞職)の公判が本日神戸地裁で行われ、元市議が「政務活動費は第2の給料という感覚だった」と述べたことが報道されました。


(参考)政活費不正「市民の税金犠牲にしてでも続けたかった」 元神戸市議、公金への認識の希薄さ口に



政務活動費は自治体議会によってその金額や認められる使用用途が異なります。


戸田市議会の場合は、ひとりあたり月額4万円が半年ごとにまとめて会派に支払われます(ちなみに埼玉県議会ではひとりあたり月額50万円)。


使用用途は会派としての政務活動に限られていて、会派としての視察、会派としてのリポート発行、会派としての備品購入、会派で認められた研修費、文房具、新聞代、書籍購入(購入した書籍名を領収書に明記)などが認められるもので、個人のリポート発行などは認められません。残った政務活動費は戸田市に返却されます。さらに、会派で支払われた政務活動費は議長がチェックします。


かつては議長チェックの段階で、問題がみつかったこともあったと聞いています。なので、金額やチェックの厳しさもあり、戸田市議会の場合は第2の給料という感覚にはなりにくいです。

 

神戸市は政令指定都市で、国の仕組みの中では県と同格になるので、政務活動費も金額が大きく、第2の給料という感覚になったのかもしれません。


とはいえ、政治に携わるものとして、政務活動費の使用については、引き続き自らを律して参ります。


IMG_2307