戸田市に「全国初」となる取り組みがまたひとつ生まれました。大規模災害時に公衆無線LANを無料開放する「災害時統一SSID『00000JAPAN』の提供事業者」として、自治体初となる認定を受けたのです。

「00000JAPAN」は、東日本大震災を契機に生まれたもので、災害時に公衆無線LANを誰でも利用することができる災害用の統一ネットワークとして無料開放します。それにより利用者は無線LANを接続する際に指定するネットワーク名(SSID)に「00000JAPAN」を選択すれば、パスワードなしでインターネットに接続することができるようになります。

(参考)災害時に知っておきたい無料の公衆無線LAN、「00000JAPAN」とは?
49
https://time-space.kddi.com/ict-keywords/kaisetsu/20160629/


戸田市は現在、既に市のインターネット網が引かれている場所を拠点に、公衆無線LANの設置を進めています。この動きは今後、万が一の大規模災害発生時に、安否確認や災害用伝言板等の利用に役立つこと間違いありません。

詳しくは、広報戸田市などに今後紹介されると思いますが、まずはお知らせいたします。