戸田市では、10月8日(日)に「スタンフプラリー・がんを楽しく学ぶIN戸田市」というイベントが行われます。

先日このイベントについてはご紹介しましたが、関係者の方にさらにお話を伺いました。

これは、国のがん対策基本法に基づき、戸田市が実施するもので、子供から大人までのがん教育、がん治療の雇用対策、5大がんの撲滅を目指すイベントです。

そのもととなったのは、昨年まで行われていたピンクリボンウォークIN戸田市でした。

ピンクリボンウォークIN戸田市を10回実施した結果、戸田市では当初5%だった乳がん検診率が50%を超え、二人に一人が乳がん検診を受けられるようになりました。

そこで、ピンクリボンウォークには戸田市の税金が投入されていることもあり、もはや乳がんだけを対象としたイベントをやるのではなく、5大がん撲滅を目指した啓発イベントに発展させることになりました。

この新たなイベント、最初は「キャンサーズリボン(キャンサー:がん)」というネーミングで考えていましたが、その後「がんを学ぶ!」というタイトルになり、吹き出しに「スタンプラリーを」とつく形式になりました。

心配なのは集客です。初回はテストのようなものだからスタンプラリーにして楽しく学べたらと考えられたそうです。対象箇所を4箇所まわると、ピンクリボンウォークの時と同じような参加賞がもらえます。

スタンプラリーは家族一枚。子供さんは親との参加が基本となります。ただし、ミスタードーナツとか、飲料とかは子供たちも含め参加された家族全員分用意されており、豚汁も無くなるまであります。また、スタンプラリーでまわる際、自転車を使ってもオッケーになりました。

あいパルでは子供さんが喜ぶ企画がたくさん用意されています。ふるって参加いただきたいということでした。

2017-09-06-21-34-15