<戸田市にお住まいの皆さまへ>

先日、戸田市役所1階に宅配受取ロッカーが設置されることが記者発表されましたが、本日の産経新聞に記事紹介されていました。

当面は、クロネコヤマトのヤマト運輸だけが対象ですが、他の宅配業者にも広げていきます。

クロネコヤマトの宅急便を受け取れず、「再配達」を依頼する場合、受取場所を戸田市役所1階の宅配ロッカー指定することができるというものです。

ただし、このサービスを利用する場合、クロネコヤマトの会員システム(無料)に加入手続きしておく必要があります。

設置工事は6月30日(金)で7月1日(土)から稼働するそうです。


なお、同じ業者による宅配ロッカーが既に戸田公園駅に設置されていました。

以下の写真は、戸田公園駅のものです。

2017-06-20-15-24-59

2017-06-20-15-25-08

2017-06-20-15-25-14

2017-06-20-15-25-18

2017-06-20-15-25-43



産経新聞 2017年6月22日23面

戸田市役所に宅配ロッカー

 戸田市役所に市民が宅配便の再配達先として指定できる宅配ロッカーが設置され、7月1日から利用が始まる。宅配業者は当面はヤマト運輸1社が対象だが、今後は複数社に拡大される予定。複数社が利用するオープン型の宅配ロッカーは県内の自治体では初めて。

 宅配ロッカーの設置は、
同市が設置業者のパックシティージャパン(本社・東京都)と20日、3年契約で協定を締結。同社が年間使用料として約140,000円と電気代の実費を支払って設置し、同市が設置場所として1階西側入口を提供する。

 宅配ロッカーは幅218センチ、奥行き64センチ、
高さ最大222センチ。ロッカーは27個口あり、大きさは3タイプ。利用はヤマト運輸のメンバーズ会員になり、最初の宅配で不在の場合、メールなどで再配達先として同市役所を選択。配信されるパスワードを入力すると、ロッカーが解除する。荷物の保管は3日間。

 同市環境課は「再配達を繰り返すことがなくなり、
運送車の二酸化炭素(CO2)削減や市民の利便性の向上につながる」と効果を期待。今後、同市の公式サイトや広報などで利用を呼びかける。