<戸田市にお住まいの皆さまへ>

戸田市の広報番組「ふれあい戸田」4月号が公開!

09


今月号は戸田市が今年度何に力をいれるかが示されていて必見です。

戸田市が目指すのは「市域は小さくてもキラリと輝くまち」

私は議会で神保市長の施政方針を伺い、重ねると10cmくらいはある予算案や資料を読み、本議会や委員会でじっくり説明を受け、質疑する場に参加しましたが、神保市長のこの戸田市を将来にわたってキラリと輝くまちにしたいという想いが反映した内容であることを強く感じました。

その概要がわかるこの映像番組をぜひご覧ください!



番組の中で触れられているのは
  1. 子どもの成長と生涯に渡る学びのまち
  2. 誰もが健康でいきいきと生活できるまち
  3. 安心して安全に暮らせるまち
  4. 緑と潤いのあるまち
  5. 快適で過ごしやすいまち
  6. 活力と賑わいを創出できるまち
  7. 人が集い心ふれあうまち
  8. 着実な総合振興計画の実施に向けて
です。


議員は、現場に入って声を伺いながら、市の施策に意見やアイデアを述べる立場ですが、市の将来的な姿をイメージしながら「自治体の経営者」として手を打っていく神保市長の見識の高さは、議員の比ではありません。不遜な言い方ですが「さすが」です。

その神保市長のもと、市役所には人材が集まっています。それが戸田市が埼玉県で一番住みやすいまち・教育のまちと言われるようになった原因だと実感します。議会に入ってよくわかります。

本当は議員自身がその資質を磨く必要があって、私も神保市長のように明晰でありたいと思いますが、まだまだ努力が必要です。がんばりますね!