発見する心。

それは、毎日ブログを書こうと決めて、発信続けるうちに自分の中に起きた変化でした。

当初は、真ん中に「あ!」と黄色い文字が書かれている道や、万葉集に詠まれた草木を集めた「まんようの花のみち」など、目に飛び込んでくる珍しいものをブログで紹介していましたが、そのうちにやってきたのが「何か紹介するネタはないかな」という困りごと。少なからず毎日読んでくださる方もおられたので途中で辞めるわけにはいきませんでした。

ならば、戸田市で暮らす自分の生活の中での発見も紹介していこうと思い、少し方向転換しました。

そういう目でみていくと、それまで当たり前に目に映っていたものの中に発見するものが増えてきました。


川岸のさつき通りにある文房具屋さん・こが屋文具店さんもそのひとつです。

ぱっと見はどこにでもありげな街の文房具屋さん。でもお店の中に入ってみると発見がありました。

2017-01-19-17-49-27


まず、次から次へと近くの小学校に通う子ども達がやってくること。そして、子ども達が文具をワクワクしながら見ていること。さらに、お店のご主人・森さんと会話しながら文具を買っていくこと。

100均などで文具を買う人も増えていますが、そこではなかなか見ることがない子どもの表情です。


そういえば、自分が子どものころも、学校の近くの文具屋さんが大好きだったっけ。

何か新しいものがお店の中にあったし、ノートを手にした時はそのノートを使う自分の姿を想像して楽しんでいました。アメリカンフットボールのチームのヘルメット型の鉛筆削りからまだ知らないアメリカのスポーツにワクワクしたし、ローメンコやチェンリングといった休み時間の遊びグッズも文具屋さんで買っていました。文具屋さんに寄って文具をみていると、何か面白いことができるイメージが次から次へと湧いていました。

こが屋文具さんでも入口近くにいろいろな折り紙があって、折り紙好きの子どもさんには魅力的に見えるはず。また、戸田市の会社つくる全国商品「ソフトグライダー」も置いてあります。


2017-01-19-17-48-29


こが屋文具店、実は大人にとってもワクワクします。

それは、文具自体が時代とともに「進化」しているから。

今日も店主の森さんにお尋ねして、書きやすいボールペンを数本買いました。

見た目は昔と同じように見える文具。でもその使いやすさには技術の進歩が活かされています。

そんな文具については、こが屋文具さんのブログをみてくださいね。わくわくすること間違いなしです!

◆ こが屋文具店
  戸田市川岸2-2-5
  TEL 048-442-4754
  営業時間 9時〜20時 日曜日定休
  ホームページ http://www.kogayabungu.jp/
  ブログ http://www.kogayablog.net/
  Facebookページ https://www.facebook.com/kogayabungu/


林冬彦(戸田市議会議議員候補予定者)Facebookページでは出来事をリアルタイム発信