<戸田市で子育てされる皆様へ>


先日、6月6日に戸田市から記者発表があり、翌日の埼玉新聞に「待機児童で対策室 戸田市 100人超「緊急事態」」という記事が掲載されました。

戸田市は、保育園整備についてはこれまでも民間保育園の誘致などに積極的に取り組んできたものの、人口増加率が埼玉県内で1位であるように人口の急増で、昨年34人だった待機児童数が今年は106人となりました。

戸田市は子育て支援を市の最重要施策のひとつと位置づけていることから、この度、市長を本部長として全部局長からなる「待機児童緊急対策本部」と専任組織である「待機児童緊急対策室」を設置して、待機児童解消に向けて取り組むこととしたという発表内容でした。

待機児童緊急対策室では、来春に開園を目指す、戸田公園駅前の保育園新設計画を手がけるほか、市内全域で保育園用地の確保を進めるそうです。




2016-06-07-07-36-17
(埼玉新聞 2016年6月7日)