個人的な話です。

本日は、地元の小学校で始業前の読み聞かせの日でした。

今日は今年最初に担当した1年1組を再び訪問しました。

1年生の成長は早く、4月にはまだ園児の顔をしていた子ども達がすっかり小学生になっていました。

4月にこの子達にやったのは紙芝居でしたが、今日は絵本の読み聞かせにしました。

タイトルは「のろまなローラー」です。

のろまなローラー


この絵本は、静岡県で読み聞かせボランティアをされている方からご紹介いただいた本。

仕事柄、ゆっくりと着実に地面を踏み固めていくローラー車と、ローラー車を追い越していくトラックや高級車、小型自動車とのやりとりと、ある出来事を通して、いろいろ大切なことを子どもたちに感じさせてくれる本でした。

本日も校舎に入る前に、しばらく運動場で遊ぶ子どもたちの姿を眺めていましたが、寒い中でも夢中になって遊ぶ姿に、元気をもらいました。はじける魂というか、生命の力を感じました。一所懸命に遊びに興じる子ども達の姿、いいものですね!

来週水曜日も始業前の読み聞かせをいたします。今年はあと2回です。