次の日曜日、3月23日に投開票が行われる戸田市長選挙。そろそろ皆様のお手元に投票所入場券が配達されている頃だと思います。

立候補しているのは、現職の戸田市長・神保国男氏(無所属)と、元県議(4期)の峯岸光夫氏(無所属)です。二人の背景については一昨日のブログにも書いたのでそちらをご覧下さい。

本日は、二人のホームページをリンク紹介します。

ぜひ見比べてみてください。

じんぼ国男氏(http://jinbokunio.jp
58


みねぎし光夫氏(http://hop11.sakura.ne.jp/mineh/
でぶみつ


これからの戸田市の姿をどう二人が考えているかが現れているのが、じんぼ国男氏の「公約」とみねぎし光夫氏の「マニフェスト」です。

神保国男氏はあえて「マニフェスト」という言葉を使われませんでした。マニフェストという言葉をやめ公約という言葉使いにしたところに、分かりやすい言葉を使うことで政治をわかりやすくしたいという神保氏の姿勢を感じます。また、神保氏は前回掲げた内容を4年間で98%達成できた実績があります。おおいに信じられる公約です。

峯岸光夫氏は「マニフェスト」ですが、その内容を見るとさわりの良い言葉がたくさん並んでいるけど、先に発表された神保氏の公約や戸田市の計画で使われている言葉を拝借しているかのような表現も多くあります。峯岸氏は過去4期も県議をやりましたが、継続して取り組むことで実現した成果をつくりだすことはほとんどなかったように思います。


私としては自分で自分のことを「正義を貫く」と評するところが気になります。私が専門とする心理学的な観点では、自分のことを「正義」と表現する人ほど「自分に後ろめたいものをもっていてそれを意識している」傾向がありますので。


ともあれ、以上のことは私の見方ですので、どうぞ2人のホームページを見比べてご判断ください。