本日、戸田市長選挙が告示されました。

候補者は、じんぼ国男氏(無所属)とみねぎし光夫氏(無所属)の2人です。


じんぼ国男氏は、現職の戸田市長です。

長年弁護士をされていましたが、当時の戸田市の状況を憂い、弁護士よりも数として多くの人のために尽くせる政治を志望されました。埼玉県議選に立候補するも初回落選。次の挑戦で埼玉県議会議員に。しかし、戸田市のためにと考えると県議ではできることに限界があることを痛感され、市長選に挑戦するも落選。されど次の挑戦で市長に当選されました。市長就任後「公正・公平・公開の市政」を掲げ、他市をリードするほどの情報公開を推進。これまで4期戸田市長を務められましたが、この間に、過去の戸田市が抱えていた諸問題を次々に解消し、日本経済新聞社の行政経営革新度調査で、戸田市は全国で8位・埼玉県1位になるまでになりました。

みねぎし光夫氏は、かつて埼玉県議を4期やり、5期目を目指して落選した人です。

じんぼ国男氏が市長選に挑戦するため県議の職を辞した後に、神保氏の応援を受け県議に当選しました。4期目までは神保氏や神保氏に共感する戸田市議会議員たちの全面的な応援のもと県議に当選しましたが、当選後、態度が急変します。突然、神保市長の批判を始めました。5年前のことです。その後、5期目を目指した県議選では落選しました。


戸田市長を決める大切な選挙です。引き続きこのテーマで書いていきます。